さくら新聞2013年春号

>  さくら新聞2013年春号

理事長の黒瀬基尋です。 さくら歯科では、アポイントメント忘れを防止するため、 前日にメールが届くサービスを実施しております。 メールが届くことにより、患者様の治療が適切なタイミングで 行われるようにしております。 自宅の庭に作ったビオトープ(生物生息空間)のめだかが減ってしまったと 思っていたら、暖かくなり、めだかがまた出てきて泳ぎ始めました。 寒さのあまり眠っていたのでしょうか・・・。春を待っていたのでしょうね。

今が旬!桜エビで3年後も骨元気!!

骨は3年で生まれ変わります。 カルシウムは、体の中では作ることができません。 カルシウムが足りなくなると、不足した分が骨の中から、血中へと出ていってしまいスカスカの骨に。 そこで・・・桜エビです! 桜エビにはカルシウムいっぱい! カルシウムが吸収されやすいバランスで、マグネシウムも入っているので、 骨を丈夫にするには、とても効果的です。

骨太にするには
  • ①リンの摂り過ぎには注意しましょう。(*)
  • ②ビタミンDを摂りましょう。
  • ③塩分を控えましょう。
  • ④アルコール・タバコに注意しましょう。
  • ⑤運動をしましょう。

*リンはインスタント食品・スナック菓子などに多く含まれます。 リンを摂り過ぎるとカルシウムの尿中への排出を促進してしまします。

滅菌・消毒

さくら歯科では衛生に万全を期すため、全ての使用器具を完全滅菌し、感染予防対策をしっかりと行っています。 ★高温・高圧のオートクレーブによる滅菌 器具洗浄に超音波洗浄機を使用し、最終的にはオートクレーブという機械で高温・高圧による滅菌処理をし、密閉保存をします。 患者様ごとに滅菌消毒した器具をご用意してお待ちしております。 無断キャンセルや当日のキャンセルはご遠慮ください。ご都合の悪い場合は早めのご連絡をお願い致します。

定期健診によってメインテナンスを定期的に受けた人と、受けていない人を比べると、受けていない人は受けた人よりも、むし歯、歯周病の再発率が10倍以上も高いという研究データがあります。 あなたの歯が美しく長持ちするように、口腔内の健康に常に意識を持つことが大切なのかもしれませんね。 さくら歯科では、いつまでも健康な歯を持ち続けられるように、状況に応じて、3~4ヵ月毎の定期健診をおススメしております。

5人に1人は花粉症!

誰でもなる可能性があります。花粉症で鼻づまりになると… さらに、アレルギー用薬の抗ヒスタミン剤などを服用していると、口が乾燥しやすくなり、むし歯や歯周病が悪化しやすい状態になります。 うがい、歯磨きを こまめにしましょう!

recruit news

top