さくら新聞2015年夏号

>  さくら新聞2015年夏号

さくら歯科が美容院『Loaan』とコラボ!

さくら歯科近くにある美容院『Lorran』とコラボ企画で、『Lorran』店内に ホームホワイトニング¥2,000オフチラシを置かせてもらいました☆ Lorranにご来店いただいたお客様で、このチラシをさくら歯科に持ってきていただいた方は、 ホームホワイトニング通常価格¥3,5000が特別価格¥3,3000に! ホームホワイトニングですので、お忙しい方もご自宅で好きな時間に行うことができます! ぜひこの機会に、ヘアも歯もキレイにしませんか?

コラボ等のご相談はお気軽に!TEL:0568-55-8288さくら歯科事務局まで。

■患者様からの質問コーナー

Q.虫歯の原因はなに?

A.歯の表面に付いた白いネバネバした汚れを歯垢(プラーク)と言います。 この歯垢が虫歯の原因になります。 歯垢は、生きた細菌の大集団が、歯の表面に苔のように密生してます。 歯の表面に付着した食べカスは、細菌に分解され酸となります。 この酸がエナメル質の無機質を溶かすことにより、虫歯が進行していきます。 歯垢は、歯のつけねや歯と歯の境目にたまりやすく、つくられた酸が唾液中へ拡散するのを妨げます。 その結果、高い酸濃度を維持するようになり虫歯が進むのです。

■さくら歯科のココすご!

理事長が自ら執筆! [インプラント治療を受けてもよい歯科医院の見極め方]第2章 どんなときインプラントは失敗するの? 結論から申し上げますと、適切な医院を選び、しっかりと説明を受け、ちゃんと定期検診を受けているとインプラントの失敗はほとんど起きません。

失敗インプラントの要因は、第1位歯科医師の経験の問題です。 ひと月に1回のペースでは経験豊富とはいえません。 最低でも月に5件以上のインプラント手術を行っている歯科医院を選ぶようにしましょう。

第2位は歯科医師のモラルの問題です。 インプラントは顎の骨と一体化するものです。 安価ゆえに、粗悪な金属が含まれ、時間と共に問題のある形状に変化してしまうことがあります。 このような信頼性の低いインプラントが自分の口の中に入っていたらと思うと背筋が寒くなります。

この冊子は、さくら歯科の院内に置いてあります! ぜひお手にとってみてくださいね!

豆知識コーナー

あなたは大丈夫?? 舌や口、お顔の筋肉のゆるみチェック! 顔の形や歯並びがよくなるトレーニングがあるってご存知ですか?

舌や口、お顔の筋肉を鍛える「口腔筋機能療法」のことで、検査の結果次第では矯正治療で行う場合もあります。 歯並びや噛み合わせは、遺伝だけではなく、幼い頃の生活習慣や癖も大きな影響があります。 舌を出してしまう癖や指しゃぶりの癖などの他、アレルギー性鼻炎などによる口呼吸が習慣になってしまうことも影響します。

MFTでは、このような習慣からゆるんでしまったお口周りの筋肉をトレーニングしていき、舌や唇の位置の改善と呼吸をはじめとした口腔機能の改善効果が期待できます。 口周りや顔の筋肉を動かすためフェイスラインの引き締めにもなりますよ! お子さまと一緒に行ってみても良いかもしれません☆ 興味がある方や、お子さまの生活習慣で気になることがあれば、ぜひ歯科医師にご相談ください?

☆鏡と水を入れたコップを用意して、お口の筋機能の状態をチェック☆

チェック方法は簡単です。 まずは鏡と水を入れたコップを用意してください。 下記の項目を試してみて、該当したものをチェックしましょう。

お口の筋機能の状態をチェック
  • 1.普段の舌の位置は歯と歯の間から出ているあるいは下の前歯を押している。
  • 2.舌の脇に歯形のようなへこみがある
  • 3.口唇を閉じて鼻だけでしばらく呼吸すると苦しい。
  • 4.普段口を開けている。
  • 5.口を閉じると筋肉が緊張し、下あごの先にシワができる。
  • 6.口を閉じるとへの字になる。
  • 7.水を飲むとき舌が歯と歯の間からでてコップを迎えにいく。
  • 8.水を飲み込むとき前歯で舌をかむ。
  • 9.水を飲み込むとき口唇に力が入る。
  • 10.サ行やタ行を発音するとき歯と歯の間から舌が出る。(”th”になる)

~チェックの結果~
【1】あるいは【2】にチェックがある人・・・・・低位舌(舌の先端が下顎前歯の裏側にある)
【3】にチェックがある人・・・・・鼻呼吸がうまくできてない※
【4】~【6】にチェックがある人・・・・・口唇の筋力が弱い
【7】~【10】にチェックがある人・・・・・異常嚥下癖(正しい飲み込みができない)
【1】~【10】のどれかに該当する人は、ぜひ筋機能療法をやってみてください。
※チェック【3】は、鼻で呼吸ができないとうまく行きません。
【3】にチェックのある人は一度、耳鼻科医を受診してみてください。

3ヶ月に1度さくら新聞は発行されます! ぜひ定期検診や治療でさくら歯科へお越しの際はお手にとってみてくださいね!

top