意外に難しい歯の磨き方

>  意外に難しい歯の磨き方

大人の方でも完全に磨けていない!?

大人の方でも完璧にみがけている方は少ないのが現実です。 お子様に完璧を求めるのは至難の業です。 また、幼児は親がしっかり磨いてあげなくてはなりません。

乳児期の歯磨き

子どもによって個人差は大きいですが総じて生後6か月目くらいに下の前歯が生えてくるものです。 下の歯が生えてから上の歯が生えてきます。 上の歯がある程度生えてくるまでは特別な理由(歯の色が悪くなったり、溶けてたりしたら歯科医へ相談してください)がない限り何もしないで大丈夫です。 上の歯がある程度生えて来たらそろそろケアの開始です。

子どもの授乳期にそれほど磨く必要はないように思われますが、就寝前のミルクや母乳は実は虫歯になりやすいのです。 かといって生えてきたばかりの歯をいきなり歯ブラシでごしごしはできません。 この時期の歯の磨き方はガーゼなどで軽く拭く程度で良いです。 子どもによって歯の生え方に個人差が大きいので具体的に何歳からとは言えませんが、ある程度歯が生えそろってきて、歯と歯の間が狭くなったらハブラシの出番です。 乳児はとてもデリケートです。

歯の磨き方としては優しくしてあげてください。 イヤがる事も多いと思いますが、子どもいn優しく声をかけながら歯みがきの習慣をこの時にしっかりつけておくと後々が楽になるかもしれません。

幼児期の歯磨き

1~3歳ごろになると歯はだいぶ生えそろってきます。 自我がしっかりしてくる時期ですし、イヤイヤをする子も多いと思います。 イヤがるからといって放置は禁物です。 この時期のうちに一日3~5回ほどはみがきをする習慣をつけてください。 お子様がやる気になって自分で磨くのもよいですが、最後は仕上げで親が必ず磨いてあげましょう。 膝の上にお子様の頭を置いて基本的には歯磨き粉を使わないで水だけで行います。 子どもに歯の磨き方をじっくり教えたくなりますが、もしかしたら最初から親がテキパキと短時間で済ます方が我慢しやすい事も少なくありません。

もう少し大きくなって、手が器用になってから歯磨きを自分でさせても遅くはないので、毎日しっかり磨く習慣をつけましょう。 磨いてあげる時は出来るだけ優しく声をかけがら、お口を大きく開けたり、イーが出来たらうまく褒めて上げてください。 無理やり押さえつけたり怖い声で子どもに怒鳴ってしまっては歯磨き=怖いが定着して余計に拒絶反応を起こしてしまいます。

歯科医院で歯磨き指導を

乳歯が奥歯までしっかり生えて来たら一度歯科医院へ行き、歯の磨き方について教えてもらうことをおすすめします。 自分では気が付かない歯磨きの問題点があるかもしれません。 磨き残しのない磨き方やコツを教えてくれます。

歯ブラシはこまめに新しく

お子様は歯みがき中に歯ブラシを噛む事があります。 歯ブラシは噛まれるとブラシがすぐに痛んでしまったり、広がったりしてしまいます。 痛んだ歯ブラシではしっかり磨くことが出来ないだけでなく、歯茎を傷めたり、歯茎が痛いので歯磨きをイヤがったりと全く良いことがありません。 ブラシが乱れたり、広がってきたらすぐに新しい物に交換してください。 また、大人の力では強すぎる事もあるので歯ブラシは鉛筆を持つような感じで持って優しく磨いてあげてください。

6歳臼歯が生えて来たら

6歳ごろになると最初の永久歯が生えてきます。 奥歯で溝が大きく生えてきたばかりは虫歯になりやすいものです。 生えて来たらしっかり意識して磨いて下さい。 6歳臼歯にはシーラントをおすすめ致します。

10歳ごろになるまでは親がチェック

基本的に子どもが10歳くらいになるまでは親がしっかりチェックするか、仕上げの歯磨きをしてあげてください。 自分である程度しっかり磨けるようになるのが10歳前後だからです。 10歳までの虫歯や口腔内のトラブルは親の責任であると心得てください。 歯も大人のようにしっかり密集してきますので、歯の磨き方もフロスなども併用するようにしてください。

歯科医院で定期検診を行い、虫歯や歯周病はないか、永久歯の生え方が正常か、磨き残しが無いか、歯の磨き方が間違ってないか、などをチェックしましょう。 上手な歯の磨き方をマスターすれば虫歯などのリスクを大幅に減らすことができます。 この時期のケアの良し悪しと大事な歯への意識の育成が、将来大人になって年を取って亡くなるまでの長い人生において大きな影響を与える事を認識してください。

歯みがきの回数

最後に歯磨きの頻度についてですが、上手な大人でも朝晩の二回は最低必要です。 子どもの場合はは1日最低3回は磨くような習慣をつけておくと良いでしょう。

top