歯の噛み合わせが悪いと全身のバランスに影響するってほんと?

>  歯の噛み合わせが悪いと全身のバランスに影響するってほんと?

噛み合わせの大切さ

噛み合わせ

お子様の噛み合わせが悪い? どうもおかしい・・・ そんなことを思われましたら歯医者へすぐに連れていきましょう。 噛み合わせの異常を歯科医業界では不正咬合といい、放置するのはよくありません。 噛み合わせの異常はその後の歯の発育や歯並びに多大な影響を及ぼすだけではなく、あごの発育や体の歪みにも及ぶ可能性があるのです。

これは大げさな表現ではありません。 歯は噛むとき、想像以上に強い力がかかっています。 噛み合わせに異常(左右のずれ)があると、体の中心から見て左右の刺激に大きな差が生まれます。 それにより、発育の差が生じます。

噛み合わせの異常の原因

柔らかいものをあまり噛まずに飲む習慣が要因に挙げられます。 噛む回数や力が減るとあごの発育が悪くなり、歯が本来あるべき形で生えてくることが出来ないなどの支障がでます。

また、噛むのが右ばかりなどの偏りが激しい場合も発育に左右差が生まれて異常の原因になります。 指しゃぶりも異常の原因になりえます。 3~4歳になっても指しゃぶりを長時間していると歯並びが悪くなったり、受け口になったりします。

咬合誘導

噛み合わせに異常を感じたら、なるべく早く歯科医へ行ってください。 咬合誘導は早期であればあるほど簡単に、安価で、短期間に終わる可能性があるからです。 もちろん咬合誘導をするには適正な時期があります。 乳歯の時期から開始、特に永久歯が生えそろう小学生までの間に治療を受けると、比較的良い噛み合わせと歯並びになると言われていります。

噛み合わせの異常を放置すると・・・

大人の歯になるまで放置すると、歯がまっすぐ生えてこなかったり、出っ歯や反っ歯、受け口、発育のアンバランスにより、一般的にいう美形な顔立ちにはなりにくくなるかもしれません。 外見だけではなく、しっかり噛めなくなったり、健康を損なったり、体が歪んだりと、まったく良いことがありません。

大人になってから矯正もできますが、小児歯科と比べて高い費用と時間がかかってしまいます。 歯並びは大人になってからでも修正可能ですが、正しくまっすぐ育つべき成長が妨げられると、歪んだまま成長してしまい、顔や身体の基本的な骨格は大人になってからでは修正ができません。

top