フッ素とキシリトールで虫歯予防

>  フッ素とキシリトールで虫歯予防

キシリトールとは?

キシリトールの原材料は天然素材です。 シラカバやカシなどの樹木より主にフィンランドで生産されています。 実際にはいろいろな果実や野菜などに含まれていて、知らないうちに摂取しているものです。 身近なものだといちごやバナナ、レタス、ほうれんそうなど、普通に生活をしていれば普通に摂っているものです。

キシリトールについて

キシリトールは最近のガムなどに多く見かける甘味料です。 虫歯の予防になるとよく言われていますね。 キシリトールとはどういうものなのかを説明したいと思います。

キシリトールはなぜ虫歯予防に効果があるの?

キシリトールが虫歯予防になる理由として まず1つ目は、歯を溶かしてします酸を作り出さない糖分であることが考えられます。 普通の糖を摂取してしまうと、お口の中に住むミュータンス菌が糖を分解して酸を作ります。 それによって歯の表面は溶けてしまい虫歯になってしまいます。

ですが、キシリトールは甘味料でありながら、ミュータンス菌はキシリトールを分解することができないため、酸を作り出しません。 そのために他の糖分と異なり虫歯ができない糖であると言われています。

2つ目に挙げられるのは、虫歯の原因菌であるミュータンス菌の活動を甘味料の中で弱められるという唯一の性質があるということです。 先ほど1つ目の理由で説明したように、キシリトールはミュータンス菌が分解することができないので酸を作り出すことができません。

ミュータンス菌がはキシリトールを分解できないに関わらずミュータンス菌はキシリトールをどんどん取り込むので、ミュータンス菌の働きが弱くなってしまいます。 そのため、長期的にキシリトールを取り込んでいるとミュータンス菌の繁殖力が弱くなって虫歯のできにくい口腔内の状態になるのです。 それが、キシリトールが虫歯予防に効果があるという理由です

フッ素とキシリトールで虫歯予防

フッ素は歯の再石灰化を促進します 歯は、毎日溶けては再生されを繰り返していて実はどんどん再生しているのです。 しかし、再生能力以上に酸に侵されると虫歯になってしまいます。 フッ素は歯の再生能力、つまり再石灰化を増進し、復元力を増すことにより虫歯に強い歯にします。 定期的に歯医者でのフッ素塗布をすることでお子様の柔らかい乳歯が虫歯になってしまうのを防ぐ効果を期待できます。

歯のエナメル質の強化

フッ素は主に表面のエナメル質と呼ばれる白い部分の結晶構造を変化させ、安定的な状態を作り出し、虫歯の酸に溶けにくいエナメル質に変化させます。

虫歯菌の活動を押さえ込む

フッ素はミュータンス菌を殺菌することはありませんが、その活動をある程度抑制する効果があると言われています。 虫歯菌の活動を抑え、エナメル質を強化し、歯の再生能力を促進するのですから予防効果は充分あると言えます。

recruit news

top