虫歯を予防するシーラント

>  虫歯を予防するシーラント

シーラントとは?

シーラントを御存じですか?耳慣れない言葉だなぁと感じる方も多いかもしれません。 このページではシーラントについて詳しく説明したいと思います。 奥歯の溝などは、歯ブラシで完全にきれいにするのが難しい場所です。 そのために虫歯になりやすい場所です。 ここを、虫歯にならないように予防するのが「シーラント」です。 歯(特に奥歯)には溝があります。 この溝をプラスチックで埋めて、食べ物が詰まりにくくします。 これがシーラントと呼ばれる予防治療です。

シーラントって有効なの?

フッ素とシーラントは小児歯科では非常に重要視されており、有効な手段です。 特に最近のシーラントはフッ素が含まれており、副次的な効果で歯質の表面を強化するという作用もあります。

日本のお子様の虫歯の現状

現在の日本におけるこどもの歯の状況として、虫歯の治療完了の歯は増えており、未処置歯は減ってきてるのが現状です。 しかし、日本のこどもは、米国のこどもに比べて虫歯が多いレベルにあるとされているので、早い時期での予防と治療、治療後の虫歯予防対策が必要となってきます。

虫歯がなぜ日本でこんなにも広まったかというと、歯科によるブラッシング指導が足りなかったものだとも考えられます。 一度歯科健診の時にでもブラッシング指導を受けて頂くことをおススメいたします。

さらに、ブラッシング指導を受けて状態がよくなったところでシーラント処置を受けられると良いと思われます。 シーラントにより、特に虫歯になりやすいお子様の六歳臼歯の虫歯予防に繋がる1つのカギとして考えてみてください。 こどもの歯は大人の歯と比べて、虫歯になった際、進みも早いとされています。 そうした虫歯予防対策ということで親御様から注目されています。

今では6歳~19歳の実施率として三人に一人がシーラントによる予防対策をしています。 フッ素塗布した場合の虫歯予防率20~60%に比べ、シーラント使用では80%以上だとも言われているだけあり効果が出やすいです。 予防先進国と言われている米国でも、シーラントの実施率が上がるとともに虫歯の減少へと繋がっている結果が出ているようなので日本に限らず世界的に広まってきた予防対策だといえます。

シーラントをご希望の方は

シーラントをご希望される方、または保護者の方は治療部屋にて歯科医師や歯科助手、歯科衛生士にお気軽にお問合せ下さい。 歯科医師が診断し、シーラントが有効かどうか判断してご相談いたします。

Related site

top