虫歯になりやすい乳歯の秘密

>  虫歯になりやすい乳歯の秘密

乳歯は虫歯になりやすい!

歯の強度について

大人の歯と比較すると乳歯はまずエナメル質や象牙質の層が半分ほどしかありません。 しかもエナメル質の硬さも永久歯に比べると何分の一程度なのです。 つまりシールドが薄くてもろいのです。 再生能力(再石灰化)も弱く、あらゆる面で永久歯には到底及ばないのです。 ではなぜ乳歯は弱いのでしょうか?

一説によれば乳歯が柔らかいと、成長時にあごの発育の邪魔にならないためだと言われています。 硬いと衝突したときに互いにダメージを与えてしまいますが、柔らかいと衝突しても大きなダメージにならないのです。 成長して口内が大きく変化していくので柔らかい事が重要なのかもしれません。

乳歯が虫歯になりやすい要因について

乳歯が虫歯になりやすいのは歯が弱いからだけではありません。 お口の中の食べ残しや、歯磨きが十分でない、甘いものが大好きなど、口内の虫歯の原因となる要因を多く持っています。

虫歯になるかならないかの分岐点は保護者の観察と歯みがきがしっかり出来ているかにかかっていると言っても過言ではありません。 毎日の歯みがきと詳しくしっかり観察する意識を保護者の方は心がけてください。

異常を感じたら

お子様の歯を見て、歯の表面が白っぽく変化していないか、黒いシミがないか、歯の溝が黄色くなっていないかなど、よく確認してください。 もし変化や異常を感じたらなるべく早めに歯医者に行く事をおすすめいたします。 乳歯は虫歯の進行がとても速く、あっという間に神経にまで達してしまう事が少なくありません。 早期でしたら削らなくてもよい治療もあり、ダメージを最小限にとどめることができます。 早期治療がなにより大切なのです。

定期健診のススメ

定期的に歯医者さんで検診を受けることをオススメします。 歯石があれば、除去いたしますし、歯みがきが十分でなかった場合は1人1人にあった歯みがきの方法をお伝えいたします。 どうしても歯みがきのクセが個人で出てきてしまいます。 また、トラブルの早期発見がお口の健康を左右します。 異常がある場合ではなく、健康な歯を虫歯にならないように予防していくことが大切になってきます。

top