春日井の歯医者なら篠木町のさくら歯科 連絡先
春日井の歯医者ならさくら歯科 電話番号
  • さくら歯科

    テキスト1

  • スタッフ集合写真

    テキスト2

  • 小児歯科にこだわっています

    テキスト3

  • キッズスペースがある歯医者

    テキスト4

キシリトールについて虫歯にならない天然甘味料

キシリトールとは

キシリトールと言えばどのような物が思い浮かびますか? スーパーやコンビニでよく見かけるガムやタブレットなどが浮かぶのではないでしょうか? 歯科医院専売の商品にはキシリトール100%のチョコやグミなどもあります。

~甘味料キシリトールは天然素材~

キシリトールとは、シラカバやトウモロコシの芯から採れるキシラン・ヘミセルロースという物質を原料にした天然の甘味料です。 多くの果実や野菜の中にも天然で含まれています。また、人のからだのなかでも、キシリトールが作られています。 甘味は砂糖と同じくらいで、カロリーは75%(砂糖4kcal/g キシリトール2.8kcal/g)です。 口の中に入れるとすぐに溶け、多くの熱を吸収するのでスッとしたさわやかな冷涼感が特徴です。 ちなみに… キシリトールを含むガムやチョコレートを一度に多量に食べると、体質によりお腹がゆるくなる場合があります。 商品のパッケージにも記載されていますが、どういった意味なのでしょうか? 甘味料には「糖アルコール」という分類があり、キシリトールもその中に分類されています。他にはソルビトール、マルチトール、ラクチトールなどが主なものです。 糖アルコールは小腸で消化・吸収がされにくいので、吸収されなかった糖アルコールはそのまま大腸まで達し大腸内の浸透圧が高くなり、それを下げようと体内の水分が集まる事で起こります。 これらの現象は一過性のものであって体に害はないとされています。

キシリトールの効果

『キシリトールは歯に良い』というイメージはあると思いますが、なぜよいのでしょうか?

~むし歯のでき方~

虫歯菌たちは手を取り合ってプラークという塊になります。 虫歯菌はお菓子などに含まれる砂糖を餌にします。 それらの砂糖を食べて歯を溶かす酸を出します。 酸によって歯が溶かされ、むし歯になってしまうのです。

~キシリトールの効果について~

なぜキシリトールが歯に良いのかというと、キシリトールには甘みはありますが、虫歯菌のエサにならないので、虫歯菌たちは弱ります。 そして、エサが無いので「酸」もできません。 さらには、酸の中和を促進する働きを持っています。 唾液も出やすくなるなど、口の中を虫歯になりにくい状態に保ってくれます。 この虫歯菌への働きは、他の甘味料にはみられないキシリトールだけの効果です。

効果的な摂り方

  • 一日3回、1粒ずつを毎食後に噛むとよい
  • むし歯予防のためには、キシリトール100%配合のガムの場合、一日3回、1粒ずつを毎食後に噛むとよいです。5分以上は噛んで下さい。むし歯になりやすい方は、1日5回、毎食後と間食後、おやすみ前に1粒を噛むことをおすすめします。(一度にたくさん摂るより、一日に何度かに分けて摂るほうが効果的)
  • 歯磨き前に噛む
  • また、歯磨き前に噛むとプラークがさらさらになって落としやすくなり、より歯磨きが効果的です。
  • 3ヶ月ほど経つとむし歯になりにくくなる
  • キシリトールを食べると、2週間で歯垢が減りはじめ、3ヶ月ほど経つとむし歯になりにくくなるといわれています。でも、その後すぐにやめてしまうと、しばらくして再びむし歯菌が増え始め、むし歯になる危険性も高くなってしまいます。継続的に食べましょう。
  • 少量のキシリトールでむし歯予防
  • 食事の砂糖を全てキシリトールに替えた時と、普通の食事に加えてキシリトールガムを噛んだ時では、むし歯予防の効果に差はほとんどないので、毎日少量のキシリトールを続けて使うことでむし歯予防の効果は十分に得られます。

コラム

トップ

無料電話はこちら