口臭検査すると、口臭の原因が分かる

口臭検査すると、口臭の原因が分かる

歯科人間ドックでお口のトラブルを総合的に診断します

「最近、口がくさいと言われてしまった…でも、口臭って相談するのは恥ずかしいし、どこに行ったら治せるんだろう…」 そんなお悩みを解決するために、当院では歯科人間ドックを始めました。

3つの検査からなる歯科人間ドッグですが、口臭検査が一番みなさんの関心が高いのではないでしょうか。 口臭検査では、口臭の原因を探るとともに、口臭の強さも測ることができます。 検査後に思わしくない結果がでてしまった…、と感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、口腔内の環境を改善する1つのきっかけだったと前向きに捉えてほしいと思っております。 口腔内の環境を改善することによって、口臭のみならず歯周病で歯を失うリスクも軽減することができます。

口臭検査

口臭のお悩みは、どの世代にも見られるものです。 最近では、若者の口臭についても話題になっていますよね。 実は口臭は、大きく3種類に分けることができるのをご存知でしたか?その種類によって、原因が異なるのです。

1つ目は、卵の腐ったにおいを発する「硫化水素」の成分が多いものです。 これは、舌や口腔内の汚れに関わっていると考えられています。 舌の汚れの除去やブラッシング、口腔内のお掃除によって改善することが多いです。 ご自身でケアをきちんとされている方が多いと思いますが定期的に定期検診で正しいケアができているのか、などチェックをしていく必要があります。

2つ目は、銀杏のにおいを発する「メチルメルカプタン」の成分が多いものです。 これは歯周病や虫歯が原因となっている場合が多く、歯周病治療や虫歯治療をすることで改善すると考えられます。 歯周病になりやすい菌がお口の中に多く存在する方もいますが、そういった菌については細菌検査で確かめることが出来ます。

3つ目は、生ゴミのにおいを発する「ジメチルサルファイド」の成分が多いものです。 これは飲食嗜好品や、消化器系統の疾患が原因とされています。 消化器系統の疾患と聞いて驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。 実は、口臭があるという検査結果は、肝臓や腎臓といった大切な内臓が病に冒されている可能性も示しているのです。 口臭が実は体の中の危険信号である可能性があるものだということをご理解いただけたでしょうか。 誰にでも口臭はあるものですが日々、自身の健康に気をつけて何か変化があったときには原因をそのたびに考えていくことが長く健康に過ごすことに繋がります。 当医院の歯科人間ドッグが皆様のお口やお体の健康のバロメーターとしてお役に立てればと思っております。

さくら歯科の口臭検査は、以下のような流れで行います。

まずは、針のない注射器型のプラスチック製の器具(シリンジ)をくわえてもらいます。 そのまま鼻呼吸をし、口の中にガスをためていきます。 十分ガスがたまったらシリンジを引いてガスを抽出し、機器にセットしてガスを注入します。 その後4分ほどで結果が出ます。 先ほども述べた3種類の成分のうち、どれが多いのかを数値で見ることができるため、口臭の原因がどこにあるのか突き止めることができるのです。

Related site

top