唾液の量を検査すると虫歯の原因が分かる!?

唾液の量を検査すると虫歯の原因が分かる!?

口臭や歯周病などお口のトラブルを総合的に診断します

「ちゃんと定期検診に通っているのに、虫歯や歯周病が再発する…」 「最近、口がくさいと言われてしまった…」 そんなお悩みを解決するために、当院では歯科人間ドックを始めました。

歯科人間ドックとは3つの検査と検査結果カウンセリングからなるお口の総合検査です。 虫歯のチェックや歯周病検査がメインである定期検診とは異なる観点から、お口の健康を診断します。 唾液検査は唾液の量をみていく検査になります。 唾液の量にとよってはお口のトラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

【唾液検査】

さくら歯科の唾液検査ではLIONさんのPro.Oral Healhtcareという機械を使用しております。 詳細に結果が出ますので患者様にも分かり易い結果表になっています。

唾液検査では、6つの項目からお口の状態を診ることができます。 この検査でわかる項目を以下に記しています。

<歯の健康に関する項目>
  • むし歯菌
  • むし歯菌が多いと歯の表面に歯垢が付きやすくなり、虫歯ができやすくなります。
  • 酸性度
  • 唾液の酸性度が高いと、口腔環境は酸性になり、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすいことが知られています。
  • 緩衝能
  • 唾液には、むし歯菌や食物由来の酸を中和する機能(緩衝能)がありますが、その働きが弱いと、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすいことが知られています。酸性に対する中和力をはかることができます。
<歯茎の健康に関する項目>
  • 白血球
  • 歯と歯茎の間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加することが知られています。白血球の数を診ていきます。
  • タンパク質
  • 口腔内細菌や、歯と歯ぐきの間にある歯垢の影響により、唾液中のタンパク質が多くなることが知られています。唾液殿さではタンパク質の量を診ていきます。
  • アンモニア
  • 口腔内の細菌総数が多いと、唾液中のアンモニアが多くなることが知られており、口臭等の原因になるといわれています。
Related site

top