虫歯についてのよくある質問

>  虫歯についてのよくある質問

歯医者さんが良く聞く患者様の疑問とは?

Q.虫歯っていつから痛くなるの?

A.虫歯は出来始めの時は、痛みを感じない場合が多いと思います。 虫歯が進行していくと歯の中にある神経に接触して痛みを伴い、通院期間も状態によっては長くかかることが想定されます。 なかなか痛みが出てこないと、自分自身では虫歯ができていることに気付かない場合が多いかもしれないですが、定期検診を利用してもらい早めの治療が必要です。

Q.虫歯の処置をし、銀歯で歯を補いました。もうその歯は絶対虫歯にならないの?

A.処置した歯が再び虫歯にならないとは言いきれません。 虫歯のできた歯があると口の中に虫歯の菌が生きることで、虫歯のできやすい状況を作ることが考えられます。 またよく銀歯が取れてしまった...なんていう経験をお持ちの方いらっしゃいませんか? そうした原因の1つに歯と銀歯の間に虫歯をつくってしまい銀歯が取れてしまったことが理由として考えられます。 治療をされた歯も、処置後健全を維持していく必要があります。 治療を終えた歯も手を抜かず良好な状態を維持していくことを心がけると良いと思います。

Q.早めの治療をした効果は?

A.虫歯が初期の段階で発見された場合には、歯の削らなくてはならない場所も少なくて済み、 プラスチックの詰め物で済むことにより、より自分らしい歯を保っていくことができます。 ですが、治療にたどり着くまでに長い時間がかかり、それが神経にまで到達してしまった場合には、 神経を取らなければならなかったり少し大がかりな治療になってきますので、治療にかける時間もある程度の期間は頂かなければなりません。

Q.子どもの虫歯を防ぎたい!対策方法は・・・?

A.子どもの乳歯は、大人の永久歯よりも柔らかいので比較的虫歯になりやすいのが特徴です。 そこで、乳歯の中でも特に虫歯になりやすいとされているのが六歳臼歯です。 噛みあわせの面に食べカスが溜まりやすいので注意して歯みがきを行ってほしいのですが、ここで少しでも虫歯へと近づきにくくするための対策方法があります。 シーラントというものはご存知でしょうか?歯の溝に詰め物をしておき虫歯を予防する方法です。 とても注目度の高い予防方法となっていますので、ほとんどといって良いほどお子様がこの予防方法を使われる患者様が増えてきています。 まずはお気軽にご相談ください。

recruit news

top