インプラント治療が保険でも受けられる

>  インプラント治療が保険でも受けられる

インプラントは保険診療?自由診療?

インプラントの必要性を説明する歯科医師

インプラントはほとんどの場合自由診療

インプラントのほとんどは全額自己負担する自由診療となります。 先進医療として進められてきたこの治療法は、まだごく一部を除いて保険適用されていません。 歯の治療をするにあたって、歯がどういう状況かを診断し治療方針を決めていきます。その時の診断には「保険診断」と「自由診断」の二種類があります。

誰もが平等に食事を楽しめるために

「保険診断」は“悪くなった歯を治療して、誰もが平等に噛めるようにする”ことを目的としたものです。 保険診療とまりますので、保険に加入している場合、0割~3割の負担で治療を受けることが可能です。 もう一つの「自由診断」は“見た目を良くし、しっかりと噛める”ことを目的としたものです。 こちらは保険が適用されない自由診療にあたります。 この二つの違いはなんでしょうか?答えは見た目にこだわるかどうかです。 見た目の向上を目的に含んでいるかどうかで二種類の診断が存在し、その診断に合わせてそれぞれ保険診療と自由診療に進んでいきます。

それらをふまえた上で、インプラントはどちらに当てはまるか考えていきましょう。 インプラントの場合はしっかり噛めることを目的としていることが多いかと思います。 ですがそれだけではありません。インプラントは他の健全な歯と同じように一本一本歯ぐきからはえているため、見た目もよくなります。 このように見た目をよくすることも含まれる場合はほとんどが自由診療となるのです。

また自由診療は歯医者さんごとで自由に値段設定できるため、当然治療費にも差が生まれます。 全体的に首都圏では治療費が高い傾向にあるようです。また、地域によっても差が生じています。 インプラントを検討する際にはいくつかの歯医者さんを比べてみるのもよいでしょう。

インプラントが保険適用される場合は?

平成24年4月から、とある一定の条件下のもと、インプラントの一部が保険適用されることになりました。 病気や事故などで広範囲に渡って顎の骨を失ってしまった場合、国が定めた条件を満たせばインプラントを使った入れ歯の治療(インプラント義歯治療)が保険適用になるのです。 詳しい条件は以下の通りです。

自費治療の場合

インプラント手術を受ける側の条件
  • 1.生まれつき顎の骨の1/3以上が連続して失われている
  • 2.上顎の1/3以上が連続して失われていて、鼻腔や副鼻腔へ繋がっていると診断されている
  • 3.下顎の1/3以上が連続して失われていて、病気などにより切除したという診断がされている
  • 4.骨の移植により顎の骨の再建がされた状態
  • 5.顎の骨の形成不全

病気や事故の場合のみ(1~3のどれかが該当)

インプラント手術を行う病院の条件
  • 1.国で定めた医療機器と医薬品が整っていること
  • 2.当直体制が整っている病院であること
  • 3.入院するためのベットの数が20床以上ある病院の口腔外科及び歯科であること
  • 4.適用条件1~3の病院の口腔外科及び歯科で、インプラント治療経験が3年以上ある歯科医師が常勤で2名以上いること
  • 5.適用条件1~3の病院の口腔外科及び歯科で、治療経験が5年以上ある医師が常勤で2名以上いること

これら全てが該当している場合、保険適用になります。 ですので、年齢を重ねたことによる老化や歯周病による劣化、虫歯によって歯を失くしてしまった場合、見た目を良くしたい場合は保険適用外になりますので注意が必要です。 インプラントを行う病院も条件を満たした病院でなければいけません。 他にも生命保険などで一部負担してもらえる可能性もあります。 インプラント治療に対応した保険会社もありますので、保険会社や歯医者さんに確認してみるのもよいでしょう。

インプラントの費用の目安は?

インプラントの費用の目安とは

では保険が適用されないインプラントはいくらぐらいするでしょうか? インプラントとはいっても自由診療の治療法の一つということで、病院ごとに設定されている値段に差があります。 自由診療は病院や歯医者さんごとで好きに値段設定ができるためです。 しかし好きに値段設定ができるとはいえ、どうしても原価というものが存在します。 そのため「安すぎるもの」には注意が必要です。インプラントの相場としてはだいたい一本30万円~50万円くらいを想定するといいでしょう。

治療費の支払い方法は現金以外にも

インプラントは一本が30万円以上します。 そのため「現金支払いは怖い」「一回ではなく分割でなら…」「ローンがあれば…」といった声もあります。 歯医者さんによってはクレジットカードに対応していたり、分割払いや銀行などへの振り込みに対応しているところもありますし、デンタルローンという歯の治療のためだけのローンを取り扱っている歯医者さんもあります。 取り扱いは病院ごとに違うので、支払方法はあらかじめ歯医者さんに相談しておきましょう。

インプラントは医療費控除対象!

インプラントは医療費控除の対象になる場合があります。 一度支払いをする必要がありますが、一年の医療費の合計と所得税率に応じてお金が戻ってきます。 インプラントを行うときはぜひ活用しましょう!

recruit news

top