春日井の歯医者なら篠木町のさくら歯科 連絡先
春日井の歯医者ならさくら歯科 電話番号
  • さくら歯科

    テキスト1

  • スタッフ集合写真

    テキスト2

  • 小児歯科にこだわっています

    テキスト3

  • キッズスペースがある歯医者

    テキスト4

無痛治療へのこだわり痛みの原因を徹底的に研究しました

無痛治療・痛くない治療へのこだわり

むし歯があるんだけど、歯医者へは痛いから行きたくない・・・と思っていませんか? 「むし歯は治療でしか治らない」と分かっていても、 やっぱり歯医者へいくのは気が重いものです。 しかし、むし歯を放っておくと、どんどん進行して最終的には 大切な歯を抜くことになるかもしれません。 考えただけでも痛いですよね。 さくら歯科では、あなたが歯科治療に抵抗を感じないよう痛くない治療に真剣に取り組んでいます。 痛みに直結する麻酔には特にこだわっています。 歯医者さんに来て、一番はじめに待っている試練、それは麻酔注射ですよね。 子どもの頃に受けた麻酔の痛みが歯医者さん嫌いの原因のNo1です。 だからさくら歯科では麻酔注射の痛みを最大限なくそう ということにしました。

歯茎の表面麻酔で痛みを減らします!

歯医者さんで「麻酔しますね~」と言われたとき、ドキドキしませんか? また、健康診断の採血の時に、針が腕に刺さる瞬間…。 あのチクっとする痛み、あなたも苦手だと思います。 多くの方が麻酔がイヤなのは、あのチクッとする痛みのせいでもあるのです。 さくら歯科では「表面麻酔」と呼ばれる塗り薬を使って、 麻酔の注射針が刺さるときの痛みをなくしています。 だから、麻酔のときに何の違和感も感じないのです。 歯科業界ではたくさんの表面麻酔薬が開発されているのですが、 ほとんどの歯医者さんではあまり使用されておりません。 なぜなら、手間と時間がかかってしまうからです。 治療効率を考えたら、ちょっと痛みを我慢してもらって いきなり注射するほうが良いのです。 でもそれだと、やっぱり痛いし、歯医者さん嫌いの患者さまを増やすだけです。 さくら歯科では歯医者を好きになってもらって、自分の歯を大事にしてくれる 患者様を作っていきたいという想いがあります。 だから表面麻酔をしっかり塗ったあと、きちんと麻酔が浸透するのを待ってからゆっくり麻酔注射を行なっています。 患者さまによってはいつ注射したか分からなかった! なんてことも言われることがたまにあるくらいなんですよ。

一番細い注射針で痛みを感じにくく

夏になると、蚊にかまれてかゆい思いをしたことが誰でもあるかと思います。 蚊って、みなさまの血を吸っているのに、 なんで痛みがないのでしょうか? それは蚊の血を吸うお口の針のところが、とっても細いから気づかないだけなんです。 つまり・・・!? 針が細ければ細いほど痛くない ということになります。 そこで、さくら歯科では歯医者さんで使われている 注射針の中で 一番細い 『33G』  というものを特別に取り寄せて 使っております。

人肌の麻酔液で痛みを減らします!

外から帰ってきて、手を洗う時にいきなり冷たい水だと、「冷たいっ」って敏感に感じます。 特に冬場など、ちょっと痛いくらいです。逆に熱すぎても痛みを感じます。 つまり温度差が大きいと違和感や痛みを感じる ということなんです。 これは麻酔液も同じで、お口の中の温度と全然違う温度の液体が歯ぐきに入ってきたらびっくりして痛みを感じます。 だから、さくら歯科では麻酔液を人肌に温める装置を導入しました! これによって麻酔液がお口の中に入る時の刺激を減らすことができるのです。

電動の麻酔注射器で痛みを減らします!

麻酔液を一気に注入すると、痛みを伴うことがあります。 だから、がさつだったり、せっかちな歯科医師に注射されると、 いつもより痛みが増えたりします。 人によって痛みが変わってしまうのは困ってしまいますよね。 でも大丈夫です。とっても便利なアイテムがあります。それは電動麻酔注射器です。 これは一定の速度で麻酔液を注入することができるので痛みを減らすことが出来るのです。 ※内側(舌側)の歯ぐきの場合、どうしても少し痛むことがあります。これは神経の構造のため仕方がないのです。

麻酔を数回に分けて痛みを減らします!

麻酔注射を打たれている時に、 次のように思ったことはありませんか? 「麻酔を打つ時っていつも2、3カ所まとめていっきに注射されるんだけど、1ヶ所注射した後、麻酔が効いてから、注射してくれないかなぁ。 そうしたら痛くないのに。」 そんなアイデアをさくら歯科では実際に導入しております。 最初に少し麻酔液を注入し、少し麻痺してから再び麻酔液を注入します。 こうすることで、少しずつ麻酔液が浸透していくので、次の場所に注射を打つときにずいぶんと痛みが軽減されるようになりました。 時間と手間をかければ痛みは減らせるのです。

麻酔が完全に効くまで時間を置きます

たくさん患者さまが来ていて、いつも混んでいる歯医者さんだと麻酔注射をしてから、結構早めに治療を開始したりすることがあるそうです。 次の患者様が待っているから しょうがない部分があるとは思いますが「痛かったら手をあげてくださいね」と言われて、 実際に痛かったから手を挙げたらなんと 「もう一回麻酔注射をされた」 という経験をされた方も結構いらっしゃるのではないしょうか。 効率を重視するのは仕方ないかもしれませんが、効率重視の陰には患者様の犠牲が隠れているものです。 さくら歯科では麻酔後、麻酔液がしっかりと浸透するまで10分程度の時間をおきます。 この時、麻酔液が浸透しやすいようにチェアーを倒して 麻酔が浸透しやすいようにしてお待ちいただきます。 (治療内容によって多少異なります)

ここまで読んで下さりありがとうございます

以上6つの取り組みによって、歯医者さんを嫌いになってしまう痛みを徹底的になくすように努力を重ねてきました。 これからも新しいアイデアを形にしていくことによって、患者様が歯医者を好きになってくれるように工夫をしていきたいと思います。 こんなことしてくれたら嬉しいなというアイデアがあれば是非教えてください。 さくら歯科で導入できるように頑張っていきます。

初診予約

トップ

無料電話はこちら