小児の矯正ってワイヤーを使うの?

>  小児の矯正ってワイヤーを使うの?

一般矯正について

歯列矯正にはいろんな方法がありますが一般に一番よく使われる方法はワイヤー矯正です。 ワイヤー矯正は歯の表面にブラケットという装置をつけ、それをワイヤーでとめ、歯を動かしていく矯正です。 治療するブラケットにはメタル・セラミック・プラスチックなどがあります。 メリットとしては確実性が高く、調整が簡単に行え料金も比較的安く済みます。 前歯には目立ちにくい透明のブラケットを使用する事が多いです。 矯正は状況により治療時間や費用に大きく変化がでますのでまずは電話でご相談下さい。

小児矯正

歯並びは遺伝的な要素が高いと一般に言われておりますが環境的要因にもかなり影響を受けます。 乳歯に虫歯が多かったり、硬いものを食べなかったり、指しゃぶりをしたりすると歯並びは悪くなります。 欧米では矯正をされる方が多いのです。 歯並びの悪くなる原因に家庭環境に問題があると解釈され、就職や結婚に影響があるといわれています。

歯並びや全身の発育する時期に矯正治療を始めてあげることは良い結果が出やすくなります。大人になってから始めるよりも治し方や結果が違ってきます。

当医院ではMRC矯正と呼ばれる小児矯正を行っております。MRC矯正とは指しゃぶりやおしゃぶりをさせず舌や唇のクセを取っていくことで顎がしっかりと発達して綺麗に並ぶようになります。MRC矯正によってワイヤーをつける矯正をしなくても済む場合や、ワイヤー矯正をする期間を短くするケースがあります。 当院では早い時期からの歯並びが悪くなる要因の除去に力を入れております。 早い時期なら口の周りの筋肉の異常を取ることにより歯が並んでくる事もあります。 患者様に対してどうしたら歯並びが良く顔つきのいい子供になるのかということを啓蒙して行きたいと考えております。

Related site

top