春日井の歯医者なら篠木町のさくら歯科 連絡先
春日井の歯医者ならさくら歯科 電話番号
  • さくら歯科

    テキスト1

  • スタッフ集合写真

    テキスト2

  • 小児歯科にこだわっています

    テキスト3

  • キッズスペースがある歯医者

    テキスト4

歯科人間ドック口臭や歯周病などお口のトラブルを総合的に診断します

「ちゃんと定期検診に通っているのに、虫歯や歯周病が再発する…」 「最近、口がくさいと言われてしまった…でも、口臭って相談するの恥ずかしいし、どこに行ったら治せるんだろう…」 そんなお悩みを解決するために、当院では歯科人間ドックを始めました。 歯科人間ドックとは、口臭検査、細菌検査、唾液検査と検査結果カウンセリングからなるお口の総合検査です。虫歯のチェックや歯周病検査がメインである定期検診とは異なる観点から、お口の健康を診断します。 それでは、検査内容について詳しく見ていきましょう。

【唾液検査】

実は唾液は、お口の中を虫歯にならないようにするための重要な役割を担っています。ものを食べると、お口の中は酸性になります。酸性の状態が長く続くと虫歯が進行しやすくなってしまうため、早く中性に戻さなければなりません。この時、お口の中を中性に戻してくれるのが唾液です。この機能を「緩衝能」と言います。

唾液の機能はこれだけではありません。食べカスが歯についていると、虫歯菌が食べカスに集まってきて酸を作り出します。この酸は歯の表面のエナメル質を溶かしてしまうのですが、唾液はエナメル質を溶かされる前の状態に戻すことができるのです。この機能を「再石灰化」と呼びます。

しかし、唾液の量が不十分だったり、きちんと機能していなかったりすると、お口の中は虫歯になりやすい環境が続いてしまうことになり、溶けたエナメル質ももとに戻らなくなってしまいます。

そこで唾液検査では、唾液の量及び中性に戻す機能がきちんと働いているかを調べています。まずは5分間ガムを噛んでもらい、その間に分泌された唾液の量を測ります。その後、専用の用紙を使って唾液のpHを測定し、ものを食べた後にきちんと中性に戻っているか判断します。

トップ

無料電話はこちら