春日井の歯医者なら篠木町のさくら歯科 連絡先
春日井の歯医者ならさくら歯科 電話番号
  • さくら歯科

    テキスト1

  • スタッフ集合写真

    テキスト2

  • 小児歯科にこだわっています

    テキスト3

  • キッズスペースがある歯医者

    テキスト4

小児歯科お子様の歯を強く育てていくために

サホライドって何?

サホライドとはフッ化ジアンミン銀の溶液のことです。 虫歯の進行を抑える効果と、知覚を鈍くする効果があります。

サホライドを塗布すると

お子様の歯(乳歯)が初期の虫歯の場合、サホライド塗布をすることにより、虫歯の進行を抑制することができます。 進行が激しい虫歯には無効です。 ある程度進行してしまった虫歯には通常の治療を行うしかありません。 また、個人差があり、あまり効果のでない方もいらっしゃいます。(歯の質によるようです)

サホライド塗布のメリット

虫歯の進行をおさえてくれるので、削らなくてすみます。 お子様の場合、歯を削ったりする治療を極端に嫌がったり、怖がったり、恐怖で動くので余計に痛い思いをしたり・・・ そうした治療がトラウマになって治療を素直に受けてくれなくなってしまう事もあります。 大人になるまでそうしたトラウマを抱えてしまうと、虫歯だらけになって手遅れに近いような状態になるまで放置してしまい、痛みに耐えられなくてから歯科医へ行き、若くして多くの歯を失ってしまう。 という悪い循環に陥ってしまうかもしれません。 サホライド塗布は名前の通り、塗るだけですので、お子様に余計な不安や痛み、恐怖を感じさせないという点ではとてもメリットがあると言えるのです。

サホライド塗布のデメリット

塗るだけで虫歯の進行が抑えられるという事ですが、若干デメリットがあります。 塗布すると歯に銀が沈着して色が変わってしまいます。おおむね黒くなります。見た目がまるで虫歯です。 「お子さんのが歯黒いけど大丈夫?虫歯じゃない??」なんて指摘されることもあるかもしれません。しかもこの黒い沈着はそのうち落ちるものでありません。 もしこの黒い沈着が気になるなら治療が終わったあとに虫歯の部分(サホライドがついた部分)を削って、削った部分を白い詰め物で埋めるしかないです。 以上のデメリットがある事から乳歯にのみ使います。永久歯が黒くなっては大変ですよね。

サホライドを使用するにあたって

サホライド塗布をする場合、患者様の保護者の方に塗布するべきかどうかご確認を頂いております。 歯科医師の判断により塗布をお勧めする場合はその場で医師が詳しくご説明いたします。

無料相談メール

トップ

無料電話はこちら