春日井の歯医者なら篠木町のさくら歯科 連絡先
春日井の歯医者ならさくら歯科 電話番号
  • さくら歯科

    テキスト1

  • スタッフ集合写真

    テキスト2

  • 小児歯科にこだわっています

    テキスト3

  • キッズスペースがある歯医者

    テキスト4

小児歯科指しゃぶりの原因と対策について

指しゃぶりの原因

大きく分けて二つの原因が考えられます。

  • 精神安定のため
  • お母さんのおっぱい=抱っこの連想で精神的な安定を行います。 指しゃぶりをしながら眠るお子様は多いと思います。
  • さみしさの解消
  • 赤ちゃんは胎児(おなかの中)の頃から指しゃぶりをしてる子もいます。 最初に覚える遊びがひょっとしたら指しゃぶりなのかもしれません。 空腹だからするのではなく、何かをやってると精神的に落ち着くのでやっているのだと思われます。 また、指をしゃぶっていると親に指摘されたり怒られたりして、結果としてかまってもらえるので悪い事だとはわかりつつやってしまう子も多いでしょう。 親の気を引きたいだけの子もいると思います。

指しゃぶりの影響

乳幼児の頃は指しゃぶりをしてても、爪が劣化したり、指が化膿したりしない限り、ほとんど影響はないと思われます。 しかし、これが3~4歳ごろまで続くとちょっと違ってきます。 3~4歳ごろになると歯並びに影響が出てきます。 出っ歯や反っ歯、受け口などになるリスクが出てくるのです。 多少の指しゃぶりなら大きな影響が出ないことも少なくないですが、3歳以降も長時間の指しゃぶりをしてるようでしたら小児科や小児歯科へご相談下さい。

歯並びが悪くなると・・・

お子様の歯並びが悪くなるとどんな影響が出るでしょうか。 『出っ歯くらいどうってことない。有名な芸能人だって出っ歯や反っ歯はいるじゃないか。』 と思われる方もいるかもしれません。 確かに一般的に出っ歯や反っ歯だからと言って大きな影響がないように思われがちです。 しかし、お子様の頃からの歯並びは違います。 あご等の頭蓋骨の発育や脳の発育に大きく影響を与えると考えられているからです。 乳歯の歯並びが悪いとあごの骨の発育に影響を与え、やがて生えてくる永久歯の歯並びにも大きく影響を与えます。 また、歯がきれいに並んでいないと食べ物が詰まりやすくなり、虫歯や歯周病になりやすかったりと余計なトラブルを引き起こす事も考えられます。

指しゃぶりの治療方法

当院では苦い味のマニキュアを使って頂く方法、もしくは患者様の話しを聞いてお子様を説得します。

無料相談メール

トップ

無料電話はこちら