歯の銀行とは
抜いた歯を活かす治療です

 ”歯の銀行(ティースバンク)”とは、矯正歯科や親しらずの治療の際に、抜いてしまった健康な歯を保存し、将来歯を失った際に再度自分の歯として移植する治療です。歯はマイナス150度で冷凍保存されます。磁場を利用したCAS冷凍で、細胞を殺すことなく保存をするので再度移植して歯を使用できるのです。
 このシステムは広島大学発の企業が2004年に開発した治療法で、以降1700本以上もの歯を預かっています。当院では開発した歯科医師に監修を受け、歯の銀行のサービスを行っています。

抜歯した歯の使い道

 意外に多いのが事故やケガでの抜歯です。抜歯をした人の内の11%がこの理由です。また、虫歯が原因で抜くことになった箇所にも移植が可能です。思わぬタイミングで抜歯をすることになっても歯の銀行で移植が受けられます。

ほとんどの方が将来歯を失う可能性があります

 日本では60歳までに約5本、70歳までには約10本の歯を失ってしまっています。8020運動が掲げる”80歳で20本を残す”目標を達成したとしても、何本かは失っている状態です。歯を失う理由のむし歯・歯周病・事故やけがで、いつそれが起こるかはわかりません。

 また、歯を失ってしまった際は一般的には入れ歯・インプラント・ブリッジという治療方法で補いますが、歯の銀行では自分の歯を移植して補うのでアレルギーが起こる心配も低く、治療過程で周りの歯を大きく削ることもないので安心です。

健康な歯を捨てるのはもったいない!

 なぜもったいないかと言いますと、皆さんは健康な歯の値段を考えたことがあるでしょうか?治療費に換算すると、自由診療の白い見た目のいい治療をしようと思うと10万円以上の治療費になります。それに加えて、入れ歯やブリッジでの治療を選択すれば健康な歯を削ることにもなります。

 もし治療をせずに歯がないままで過ごすのはどうでしょうか?前歯が1本折れたままで学校や会社にいくというのは恥ずかしい気持ちになるかもしれません。また、歯が数本抜けて噛み合わせが悪くなるとこれまで通りの食事ができなくなります。好物をおいしく食べる幸せはいくらで買うことができるでしょうか?そういった幸せはお金で測れません。

 そういった考えると歯の保存で将来のあらゆるリスクに備えるというのは価値のある投資だと考えています。

こんな人にオススメ
治療法です


 歯の銀行で歯を預けたいと思った理由をお伺いいたしました。

歯を捨てたくない人

 自分の歯というのは、親知らずを入れてたった32本です。1度失ってしまったら二度と取り戻せません。しかし、この常識を覆したのが歯の銀行です。健康な歯を抜歯する状況になった際に将来の為に保管できる保管方法はこのサービス以外にありません。これまでは抜歯した歯は全て捨ててしまうことが当り前でした。

ご家族の将来に備えて

 矯正治療や親しらずの治療なので10~20代の方の歯を多く保存しています。なかでもその理由としてその親御さんがお子様の将来を思って保険として歯の銀行のサービスに興味を持ってくださいます。ご家族の中で歯を失って辛い思いをした方が同じ経験をして欲しくないので利用を決めたという方もいらっしゃいました。

金属アレルギーがある人

 花粉やペット、金属などのアレルギーを持っている方は多いと思います。その中には将来入れ歯や、ブリッジ、インプラント治療で口内に金属を入れたくないと考えている人にも支持されています。インプラントも体に優しい素材を使用していますが、歯の移植は更に体に親和性のある治療方法です。

治療で抜歯をしたくない人

ほとんどの患者様が健康な歯の抜歯に抵抗があります。矯正治療などでは、痛みが出ていない問題のない歯を抜くので、抜歯をするならと治療を諦める人がいるほどです。そういった方の為に当院では矯正治療を行なった方の為に1本無料で歯をお預かりしています。矯正治療で抜歯を必要と他院で診断された方にも是非ご利用いただきたいと思っています。

実際にあった歯の移植のケースの紹介です

スノーボード中に転落して
前歯を折った大学生が移植

神経の治療をした歯が割れて
保存していた歯を移植

生まれつき歯がない
ところへの移植

虫歯で抜歯した箇所に
親知らずを移植

健康な歯を保存するメリット

  歯の銀行にはメリットが多くあります。歯を失った際、多くの歯医者が”インプラント・入れ歯・ブリッジ”での保存を提案されます。親知らずや矯正で抜いた臼歯を保存しておけば”歯の移植という選択肢”もでてきます。人工物を使用しない唯一の方法です。

噛み心地が良い

人工物で失った歯を補填することができても、自分の歯には適いません。歯を失う前と変わらない食事ができます。

アレルギーが起きない

歯を失った際、入れ歯やブリッジなどで金属アレルギーがでることもありますがその心配がありません。

人工物より体に優しい

自分の歯を移植するので拒絶反応が起こりません。歯の銀行は本人だけに移植ができる治療です。

矯正治療の方は1本無料

当院で矯正治療の際に抜歯が必要となった場合に限り、1本無料で歯の銀行で保管させていただきます。

当院は歯の銀行開発者の指導を受けて
歯の保存・移植をいたします

当院は歯の銀行サービスを開発し、約1700本の歯を預かった実績のある歯科医師の監修の元でサービスを提供しております。また、歯を保存する特殊な冷凍庫も法人で所有しているので素早く歯を冷凍保管できます。
歯の銀行を推奨する理由は、70代以上の方にしたアンケートで”歯をもっと大事にすれば良かった”と答える方が多くいらっしゃるという事実を受けてのことです。毎日何回も使用していても、失ってみないと歯の大切さに気付けないのです。歯は食事や、見た目や発音などに影響します。是非、将の為にも歯をなるべく活かすことを考えてみてはいかがでしょうか?

歯の銀行の流れ


STEP1

血液検査

歯の保存に適さない患者様もいらっしゃいます。まずは内科で血液検査を行っていただきます。

STEP2

歯科医院で抜歯

歯科医師が抜歯を行なって、専用の保存液に歯を保管いたします。

STEP3

冷凍保存

歯の保存専用の冷凍庫に保管されます。細胞が死なない工夫がされています。

STEP4

移植

けがや虫歯で抜歯をすることになった場合に保存した歯を移植いたします

インプラント治療とは違うの?

 インプラントは噛む機能を回復する点では優れた治療法です。見た目も美しく自分の歯が入っているようにしか見えません。インプラントと歯の移植で異なるのが噛みごこちです。

 歯の移植がなぜ良い噛み心地になるかというと歯を支える歯根膜という部分が鍵を握っています。この歯根膜がクッションのような役割をしており、「硬さや柔らかさ」という感触を脳に伝えるのです。歯の移植は歯根膜ごと保存するので歯を一度失っても、また歯根膜が再生するのです。また、インプラントは体に親和性の高い素材を使用しておりますが歯の移植は自分の歯が入るわけですから更に拒否反応がでにくい治療です。

歯科関係者にアンケートを行ないました!

 Q.自分や家族の為に歯の銀行サービスを利用したいですか?

 歯の銀行サービスについて歯科従事者20人にアンケートを実施いたしました。健康な歯を抜歯することになった場合には保存したいと答えた方ばかりでした。 ケア・事故などいつ起こるかわからないリスクに備える為に保管したいとのことです。

歯の銀行料金案内


 歯の銀行は1本35万円でお預かりしています。当院で矯正歯科を行なう際に、臼歯(前から4番目の歯)を抜くことになった際には1本無料でお預かりいたします。是非、矯正治療をお考えの方にご利用いただきたいと思います。

1本あたり

35万円


10年間

矯正治療で臼歯抜歯


5年間

10年間延長で5万円追加料金

※矯正治療での臼歯1本0円の適用は当院での矯正治療に限る
※採血費含む

よくある質問

 気になる矯正の値段をご案内いたします。該当する治療のボタンを押すと詳細が出てきます。

冷凍保存に適さない方もいらっしゃいます。ご了承ください。
保存(移植)不適合疾病等
重度の全身疾患・糖尿病や肝臓病・骨形成不全・骨粗しょう症・放射線治療・血液疾患・喫煙者(ヘビースモーカー)・薬物(麻薬・アルコール中毒など)・重度な歯周病 等

矯正歯科や親しらずの抜歯が必要になったタイミングにご相談頂ければ基本的には大丈夫です。
親しらずと小臼歯(矯正治療で抜くことが多い歯)はそれぞれに移植しやすい時期があります。
親しらずは20歳前後、小臼歯は中学生くらいの年齢で冷凍することで将来移植がスムーズに行ないやすい状態で保存ができます。これは、歯の根が未完成の状態なので移植した時に成功しやすくなるからです。
しかし、親しらずが既に生えている人の場合は虫歯になってしまうと保存ができないのでお早めにご相談ください。

100%絶対に定着するというわけではありません。
定着する確立を下げる為には、移植した次の日には経過観察と消毒の為に来院することをお願いします。
移植を受ける際には、移植日とその次の日の2日間は来院できるように調整しておくようお願いいたします。

歯の移植はご本人にしか出来ません。
親族であってもご本人以外の移植は行なえません。

保存 移植
ご本人 ご本人
ご本人 ご家族・他人 ×

親知らずの生え方によってはそのままの形で抜くのが難しい症例もございます。
そういった症例は歯を砕いて少しずつ除去するという方法で抜歯をします。
砕いて抜歯をした親知らずは、保存・移植はできません。親知らずの保存をご希望の患者様は歯科医師によく確認するようにしてください。

アクセス・問合せ


 当院は愛知県に7病院、千葉県に1病院あります。お近くの病院を選んでお問合せ下さい。また、矯正歯科サイトからお越しの方は、矯正の問合せよりご連絡ください。

池下さくら歯科

〒464-0841
愛知県名古屋市千種区千種区 覚王山通8丁目70−1 サンクレア 東棟 4F

さくら歯科

〒486-0851
愛知県春日井市篠木町8丁目8−1

きらり歯科

〒486-0851
愛知県春日井市篠木町8丁目4−58 フィール春日井店内

たんぽぽ歯科

〒486-0927
愛知県春日井市柏井町4丁目17

春日井アップル歯科

〒486-0926
愛知県春日井市小野町2丁目1−1 ライフガーデン勝川1階

ありす歯科

〒480-0305
愛知県春日井市坂下町1丁目1526−1

日進赤池たんぽぽ歯科

〒470-0126
愛知県日進市赤池町箕ノ手1 プライムツリー赤池 3F

松戸ありす歯科

〒270-0034
千葉県松戸市 新松戸3丁目135 エム・フォレストビル4F