MENU

ホワイトスポット

歯に白い斑点ありませんか?

ご自身の歯を見てみてください。一部白くなっている部分はありませんか?
これは「ホワイトスポット」や「白斑症」とも呼ばれます。 痛みはないものの、特に前歯に白く斑点模様ができていると気になってしまうかもしれません。

なぜホワイトスポットができてしまうのでしょうか?

目次

ホワイトスポットの原因 ホワイトスポットの治療法 さくら会グループにご相談ください

ホワイトスポットの原因

原因① 初期段階のむし歯

原因の1つ目は「初期段階のむし歯」です。
歯の表面のエナメル質が溶けだす「脱灰」が起きると、歯の表面が白く濁ってしまうことがあります。

原因② エナメル質形成不全

原因の2つ目に「エナメル質形成不全」が挙げられます。
乳歯から永久歯に生え変わる際に、栄養不足や遺伝など何らかの異常が起きることでエナメル質の一部が完全にできずに、生え変わった永久歯の表面の一部が白く濁ることがあります。

また、エナメル質形成不全は、その部分が白ではなく茶色くなることもあり、その場合は「ブラウンスポット」と呼ばれます。

ホワイトスポットの治療法

さくら会では健康な歯はできるだけ削らない治療方針をとっています。
ホワイトスポットは必ずしも治療しなければならない訳ではありませんので、何も施さない選択肢もあります。
むし歯治療

初期むし歯の場合は削りません。フッ素の洗口剤やフッ素配合の歯磨き粉などを長期間使用し、溶け出したエナメル質が元に戻る「再石灰化」を促します。
時間はかかりますが、自然にホワイトスポットが目立たなくなっていく可能性があります。

削って詰め物/被せ物をする
(ダイレクトボンディング)

ホワイトスポットの部分を削り、むし歯を削ったときに詰めるプラスチックの樹脂を詰めたり、被せ物をします。

ラミネートべニア

歯の表面を薄く全体的に削って、付け爪のようにセラミックを貼り付けます。

アイコン

歯を削らず、歯の内部に浸透しやすい特殊な樹脂を浸み込ませてホワイトスポット内部を均質な状態にします。

さくら会グループにご相談ください

前歯にホワイトスポットがあるなど見た目が気になるという方は、一度歯科医師にご相談いただき、今後どうするかを一緒に考えていきましょう!

ご予約から診療までの流れ

詳しく見る

クリニック紹介

歯の症状が気になる

見た目・臭いが気になる

歯並びが気になる

お子さまの歯が気になる

その他