MENU

妊娠中・出産前に歯科検診を
受けたい方へ

妊娠中は虫歯になりやすい

白いドレスに黄色の歯が目立つ

妊娠中は、虫歯や歯周病になりやすく警戒が必要な時期です。妊娠によるホルモンバランスの変化や、つわりで十分にケアができなくなるといった理由があげられます。

また、妊娠中は甘いものやしょっぱいものが食べたくなるといった食生活にも乱れが生じる傾向にあります。妊娠中には、より一層のお口のケアが必要なのです。

目次

虫歯は親から赤ちゃんにうつる? 妊産婦歯科検診を受けよう! さくら会が選ばれる理由 妊娠4ヶ月頃の受診がオススメ 検診・治療を希望される方へ

虫歯は親から赤ちゃんにうつる?

虫歯は大人の問題ではなく、生まれてくる赤ちゃんにも影響があります。実は、生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌は存在しません。

では、なぜ虫歯になってしまうのでしょうか?

それは、スプーンやお箸を介して大人の虫歯菌がお口の中に入ってしまうからです。虫歯菌を赤ちゃんにうつさないためにも、妊娠中から虫歯予防を徹底する必要があります。

歯周病は早産のリスクを上げる?

虫歯以外に気を付けたいのが歯周病です。お母さんが歯周病にかかっていると「早産」「低体重児出産」のリスクを上げることがわかっています。そのリスクはタバコやアルコール・高齢出産よりも高く、通常のおよそ7倍といわれています。虫歯・歯周病ともに、お母さんだけでなく生まれてくる赤ちゃんのためにも予防が必要なのです。

出典:歯周病と妊娠 日本臨床歯周病学会

妊産婦歯科検診を受けましょう!

「虫歯・歯周病になってないかな...?」

生まれてくる赤ちゃんにも影響する聞くと、虫歯や歯周病を心配される方もいるかと思います。そういった方にオススメなのが、「妊産婦歯科検診」です。

妊娠されている方であれば、自治体の補助を受けて無料で歯科検診が受けられます。現在のお口の環境を知るきっかけづくりにしましょう。

さくら会へご相談ください

さくら会が選ばれる理由

当院が妊婦さんに選ばれる理由をご紹介します。妊産婦歯科検診から、その後のケアまで幅広く対応しています。

歯科衛生士による歯磨き指導

当院の定期検診では、ご自身では掃除しきれない歯の汚れを歯科衛生士が専用の器具を使い除去します。また、歯磨き指導によりご自宅でのケアの質も高めることができます。

※妊産婦歯科検診に歯石除去等の治療行為は含まれません。これらの治療行為を行う場合は有料となります。

出産後もかかりつけの小児歯科として通える

当院では、お子さまの診療を法人全体で毎月3000件以上行っております。出産後も、かかりつけの小児歯科としてご来院いただけます。

治療器具の滅菌を徹底しています

さくら会では口の中に入る器具は全て滅菌しております。高温またはガスを使用して菌やウイルスを死滅させます。また紙コップやエプロンは全て使い捨てですのでご安心ください。

妊娠4ヶ月頃の受診がオススメ

妊産婦歯科検診の受診のタイミングは、つわりを過ぎた妊娠4ヶ月頃(16~27週目)がオススメです。無料で受けられる良い機会ですので、ぜひお早めに歯科検診を受診しましょう。

検診・治療を希望される方へ

「妊娠中に歯医者に行くのは不安だな...」と感じる方もいるかもしれません。検診について少しでも気になることがある方は、お気軽に当院までお問合せください。

妊産婦歯科検診

ご予約から診療までの流れ

詳しく見る

クリニック紹介