MENU

痛みに配慮した治療

歯の治療は痛いから行きたくないと思っているあなたへ

「歯医者が怖い」「痛い治療をされてトラウマがある」 このように、歯医者に対して怖い、治療が痛いから行きたくない、と思っている方は多いと思います。
「いい歳して歯医者が怖いなんて恥ずかしい…でもそんなこと言えないし…」なんて思っている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、決して恥ずかしいなんてことはありません。
参方善さくら会には、「歯医者が怖い」「痛い治療は嫌だ」という思いを抱えた患者様にも不安なくご来院いただけるように、痛みに配慮した治療を心がけており、様々な工夫をしています。

目次

痛みを減らす4つの工夫 よくある質問 参方善さくら会では痛みの少ない治療を心がけています

痛みを減らす4つの工夫

その1.麻酔針を刺す前に表面麻酔を行います

「表面麻酔」という言葉を、聞いたことがありますか? 参方善さくら会では麻酔注射を打つ前に「表面麻酔」というペースト状の麻酔を塗ります。
塗られた部分の感覚がなくなるため、注射針が刺さる時の痛みが軽減されるのです。

もちろん個人差はありますが、治療後、「いつ注射されたのか分からなかった」「本当に麻酔を打たれたのか疑ってしまった」と驚かれる方もいらっしゃいます。

その2.痛みの少ない細い注射針を使用します

注射の痛みは、針の太さが関係しています。
注射針が太ければ痛みが強く、細ければ痛みが少なくなります。夏にふと気が付くと、蚊に刺されている経験はありませんか?
蚊に刺された瞬間に気が付かないのは、蚊が使う針がとても細いので痛みを感じないからなのです。
参方善さくら会では、歯医者で使われている注射針の中でも最も細い「33G」という種類の針を使用して痛みを軽減します。

その3.麻酔液を入れる力と速度を工夫しています

「でも針を刺した時に痛くなくても、液が入ってくる時が一番痛い……」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
実は、麻酔液を一気に注入してしまうと圧力がかかって痛みを感じやすくなってしまうのです。
また、細い針で麻酔薬を注入するのには強い力が必要になりますが、人の手ではどうしても圧力にムラができてしまいます。
そこで活躍してくれるのが、電動の注射器です、ゆっくり一定のスピードで麻酔液を注入することで痛みを軽減します。

その4.麻酔が効くまでしっかり待ちます

歯医者によっては、麻酔注射をしてあまり時間を置かずに治療を開始してしまう所もあるそうです。
「痛かったら手を挙げてくださいね」と言われ、痛くて手を挙げたらもう一回注射をされた、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで参方善さくら会では、麻酔液がしっかり浸透するまで時間を置いています。
麻酔液が浸透しやすいよう、チェアーを倒してお待ちいただいておりますが姿勢が辛い時はスタッフにお声がけください。

よくある質問

麻酔って副作用はないの?
注射の際の痛みや恐怖心によって、血圧や心拍数が上がることがあります。
血圧が元々高い方や、心臓に持病を持っている方は、無痛的処置に配慮が必要です。
ごくまれに、麻酔薬にアレルギーのある方や、不整脈が出る方もおられますので、過去にそのようなご経験をされたことがあれば、事前に歯科医師に相談してください。
以前、歯医者で打った麻酔が、全然効かなかったのですが……?
麻酔が効かない理由はいくつか考えられます。
一番多いのが、歯ぐきの骨が緻密で麻酔液が染みこみ難いケースです。
特に下あごの奥歯の部分は麻酔が効きにくいとされています。
そういった場合以下のような方法で、十分な麻酔効果を得られるようにいたします。
  • 麻酔を打ってから十分な時間を空けて処置を開始する
  • 麻酔液を歯と骨の間(歯根膜)に注入する
  • 支配神経の根元の方に麻酔を行う(伝達麻酔)
次に考えられるのは、麻酔を打つ部分に炎症が起きている場合です。
麻酔薬はアルカリ性の薬剤ですが、炎症が起きている組織は酸性になっており、麻酔液が中和されて効果が弱まってしまいます。
そのような場合は少し多めに麻酔を打ったり、事前に内服薬で炎症を抑えてから処置を行うように致します。
歯医者の麻酔って、妊娠中や授乳中に行っても安全なの?
参方善さくら会で使用する麻酔薬は妊娠中の方でも安全に使用できます。
但し麻酔をして行う処置の中には比較的負担が大きいものも含まれますので妊娠の週数や体調などを考慮して、総合的に判断いたします。
妊娠中もしくは授乳中の方は、必ず担当の歯科医師にその旨をお伝えいただくようお願いいたします。

参方善さくら会では痛みの少ない治療を心がけています

もし痛い治療や麻酔が怖いという方がいらっしゃいましたら、ぜひ参方善さくら会の歯科医院にお越しください。
歯科医師が患者様のご要望・不安な点をじっくりとお聞きして治療を進めていくよう心がけております。
治療前に、「麻酔が怖い」「痛いのが怖い」「痛みの少ない治療にしてほしい」などご相談いただければ、歯科医師も配慮をして治療を進めていきますので、ぜひ一言お声掛けください。

ご予約から診療までの流れ

詳しく見る

クリニック紹介