MENU

セラミック治療

虫歯などの治療の際に歯を削り、詰め物やかぶせ物をする事を「補綴(ほてつ)治療」といいます。

保険診療では銀歯を使用した治療になりますが、自費診療を選択した場合は、セラミック治療を選択できます。
自費診療の治療は高価ですがメリットも多くございますので、是非保険と自由診療の両方の特徴を知ってから治療に望んで下さいね。

目次

銀色で目立つだけじゃない!銀歯のデメリット 自費診療による補綴(ほてつ)という選択肢 自費診療の詰め物(インレー) 自費診療のかぶせ物(クラウン) よくある質問

銀色で目立つだけじゃない!
銀歯のデメリット

銀歯はセラミックよりも見た目が劣るという特徴があります。セラミックの詰め物や被せ物のほうが自分の歯に近く、ほぼセラミックだと気が付かれないでしょう。
しかし、それ以外にも銀歯とセラミックの違いはありますので紹介いたします。

金属アレルギー

銀歯の金属は唾液で少しずつ溶け出し、銀イオンとなって体内に蓄積されてしまいます。そして金属アレルギーの原因となってしまう事があります。
銀歯の金属が原因となり手のひら等がただれてしまうといったアレルギー症状が出てしまうこともあります。

セラミックはイオン化しにくい特徴があるので、アレルギーの原因になりにくい素材といえます。

金属アレルギーに配慮した治療について詳しくはこちら

歯茎の黒ずみ

唾液によって銀歯から溶けた銀イオンは、歯茎に沈着してしまうことがあります。歯と歯茎の境目が黒くなってしまうのは銀歯から溶け出した銀イオンのせいなのです。

銀歯だけでも目立ってしまうのに、歯茎の黒さも気になるようになってしまうかもしれません。

ガルバニー電流

銀歯同士で咬み合わせたときに、ガルバニー電流という電流が歯と歯の間に流れることがあります。

アルミホイルを強く噛んでしまった際の「キーン!」という不快感の原因がガルバニー電流で、イライラや、頭痛、肩こりなど特に自律神経に支障をきたすと言われています。
口の中で発生したガルバニー電流の影響で脳から送る信号が混乱するからです。

セラミックであれば電気を通しません。

金属の劣化や変形

もともと金属は錆びたり変形したり劣化する物質です。銀歯もそれは変わりません。

口腔内は過酷な状況です。熱い食事や、冷たいデザートを食べるたびに目には確認できない単位で金属の形は変形します。

また、唾液で少しずつ溶けてしまったり、噛む力によって変形することもあります。形が変わることで、つなぎ目に汚れが溜まりやすくなります。

虫歯が再発しやすい

銀歯の表面は目に見えない凹凸が数多くあり、そこに汚れが付着しやすいという特徴があります。
また銀歯の劣化や変形で生じた歯と銀歯の隙間の汚れが原因で虫歯になってしまうケースも多いです。

銀歯の被せ物はレントゲンでは真っ白に写ってしまうため、虫歯の発見が遅れてしまうこともあります。

自費診療による補綴(ほてつ)
という選択肢

詰め物は銀歯だけではありません。自費診療を選択することにより、セラミックやジルコニアなどの金属ではない詰め物を選ぶことができます。患者様のお口の中に入り、これから身体の一部として機能していくものですし、「虫歯や歯周病になりにくさ」「いかに美味しく食べることができるか」「見た目がどれだけ自然で美しいか」「どれだけ長持ちするか」などお口に入れる詰め物の種類によって感じ方が違います。

もっと言えば、『健康で長生きすることができるか』『今までよりももっと豊かな人生を送ることができるのか』ということまで影響を及ぼします。

そのため、一方的に私たちが決めるのではなく、審美性や素材の性質などのメリット・デメリットをよくご理解した上で最適な詰め物を一緒に決めていきましょう。

自費診療の詰め物(インレー)

一般的に小さな虫歯の治療をする場合、その虫歯の部分を少し削り、削った部分にインレーと呼ばれる詰め物をする処置を行います。
硬質レジン(プラスチック)で作られるものや一般的に銀歯とよばれる保険が適応できる詰め物と、保険適応外の自費診療によるセラミックの詰め物などいくつか種類があります。

e-max

二ケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分としたセラミックで出来ている詰め物で、審美性と透明感を兼ね備えた強度の高いセラミックです。

価格:¥44,000 
保険適用外(※5年間保証)

5年間保証は、最低4ヶ月毎の定期検診を受ける条件となります。

メリット
  • 汚れが付きにくい
  • 虫歯・歯周病になりにくい
  • 生体親和性に優れている
  • 金属アレルギーが起こらない
デメリット
  • 稀に欠けることがある

ジルコニアインレー

二酸化ジルコニウムを主成分としたセラミックで出来た詰め物で、硬くて強度があるため、奥歯や歯ぎしり・食いしばりをする方におすすめです。

価格:¥55,000 
保険適用外(※5年間保証)

5年間保証は、最低4ヶ月毎の定期検診を受ける条件となります。

メリット
  • 硬さがあり、割れにくい
  • 汚れが付きにくい
  • 虫歯・歯周病になりにくい
  • 生体親和親和性に優れている
  • 金属アレルギーが起こらない
デメリット
  • 色が単調で審美性にやや欠ける

ゴールド(金)

ゴールド(金)を使った詰め物は銀歯よりも歯にピッタリ適合します。腐食にも強いため、長持ちする可能性が高いです。
金属なので見た目に問題がありますが、奥歯などあまり目立たない場所での耐久性を一番に重要視するのであれば、ゴールドインレーがおすすめです。

価格:¥55,000 
保険適用外(※5年間保証)

5年間保証は、最低4ヶ月毎の定期検診を受ける条件となります。

メリット
  • 高カラットの白金加金製のため、高精度で適合性が高い
  • 天然歯に近い硬さなので、反対側の歯を傷めない
  • 欠けたり、割れたりしづらい
デメリット
  • 金属色が気になる
  • 稀に金属アレルギーが起こる場合がある

自費診療のかぶせ物(クラウン)

一般的に大きな虫歯の治療をする場合、虫歯の部分を削り、削った部分にクラウンと呼ばれるかぶせ物をする処置を行います。虫歯が深く、歯の神経(歯髄と言います)まで達している場合は、神経を取り除いた後、歯の根っこに残っている細菌を取り除き、コアと呼ばれる土台を設置し、その上にかぶせ物をする処置を行います。
硬質レジン(プラスチック)で作られるものや一般的に銀歯とよばれる保険が適応できるかぶせ物と、保険適応外の自費診療によるセラミックのかぶせ物などいくつか種類があります。

フルジルコニア

二酸化ジルコニウムを主成分としたセラミックで出来たクラウンで、硬くて強度があるため、奥歯に適しています。
歯ぎしり・食いしばりをする方におすすめです。

価格:¥77,000 
保険適用外(※5年間保証)

5年間保証は、最低4ヶ月毎の定期検診を受ける条件となります。

場合によって土台のファイバーコア(¥16,500)が別途必要になります。

メリット
  • 硬さがあり、壊れにくい
  • 汚れが付きにくい
  • 虫歯・歯周病になりにくい
  • 生体親和性に優れている
  • 金属アレルギーにならない
デメリット
  • 色が単調で審美性にやや欠ける

ジルコニアボンド

ジルコニアボンドは裏打ちに人口ダイヤモンドとしても利用されているジルコニアを使い、見える部分にセラミック(陶器)を付けたクラウンで、強度に優れているため、前歯だけではなく、奥歯にも使用できるクラウンです。クラウンの中でも最高クラスの審美性・耐久性・生体親和性を兼ね備えています。

また、金属を一切使用していないので歯肉の変色や金属アレルギーの心配はありません。

価格:¥132,000 
保険適用外(※5年間保証)

5年間保証は、最低4ヶ月毎の定期検診を受ける条件となります。

場合によって土台のファイバーコア(¥16,500)が別途必要になります。

メリット
  • 最も自然の歯に近く、透明感がある
  • 汚れが付きにくい
  • 虫歯・歯周病になりにくい
  • 生体親和性に優れている
  • 金属アレルギーが起こらない
  • 今までのセラミックの透明度を超えた新しいセラミック
デメリット
  • 費用がかかる

メタルボンド

メタルボンドは、裏打ちが金属、見える部分にセラミック(陶器)を貼りつけたクラウンで、前歯にも奥歯にも使用できるクラウンです。

歯の色に似ているので見た目もよく、変色もせず、強度もあるのでよく使用されます。主に上の歯におすすめです。

価格:¥88,000 
保険適用外(※5年間保証)

5年間保証は、最低4ヶ月毎の定期検診を受ける条件となります。

場合によって土台のファイバーコア(¥16,500)が別途必要になります。

メリット
  • 透明感がある
  • 天然色に近く、変色しない
  • 適合性が良い
デメリット
  • 境目の歯肉が黒くなる場合がある
  • 摩耗して金属が見える場合がある
  • 舌側の一部に金属が見える

20カラットゴールド(金)

奥歯のクラウンを作るときに使用します。金属なので見た目に問題がありますが、奥歯などあまり目立たない場所で長持ちを重要視するのであれば、ゴールドクラウンがおすすめです。

価格:¥77,000 
保険適用外(※5年間保証)

5年間保証は、最低4ヶ月毎の定期検診を受ける条件となります。

場合によって土台のファイバーコア(¥16,500)が別途必要になります。

メリット
  • 高カラットの白金加金製のため、高精度で適合性が高い
  • 天然歯に近い硬さなので、反対側の歯を傷めない
  • 折れたり、割れたりしづらい
デメリット
  • 金属色が気になる
  • 稀に金属アレルギーが起こる場合がある

よくある質問

手のひらがガサガサになってしまい、金属アレルギーを疑っています。
そこで自費のセラミック治療を考えているのですが、皮膚科医の診断書は必要でしょうか?
診断書が無いとセラミックの詰め物や被せ物を付けられないということはありません。
ご希望される方にセラミックで治療させていただきます。金属の素材を使用して欲しくないという方は予めご相談くださいませ。
自費診療の場合、費用が心配なのですが……
小さな詰め物で1本あたり4万円、被せ物の中で高いものだと12万円のものがあります。
修復物の素材や大きさによってお値段には幅がありますので、ご来院いただいた際にしっかりとご説明させていただき、患者様のご要望に合わせたものをお選びいたします。
万が一、治した歯が壊れてしまった時のことが心配なのですが、保証はありますか?
自費診療による各種セラミック治療には5年間の保証がついております。 ご満足いただけなかった場合には、保証期間中であれば再治療を行うことができます。

ご予約から診療までの流れ

詳しく見る

クリニック紹介