MENU

歯が溶ける?「酸蝕症」

当てはまる症状はありますか?

  • 冷たいものを食べたり飲んだ時に歯がしみる
  • 歯が黄ばんでいる
  • 歯に穴が開いている

毎日歯を磨いているにもかかわらず、これらの症状がある場合は「酸蝕症」かもしれません。「酸蝕症」とはいったいどういった症状なのでしょうか?
特に炭酸飲料やすっぱいものをよく口にする方は注意が必要です。
大切な自分の歯を守るためにどうしたらいいか知るためにも最後まで目を通してくださいね。

目次

「酸蝕症」の原因とは? 酸蝕症になるとどうなる? 酸蝕症にならないための予防法 定期検診で早期発見をしましょう

「酸蝕症」の原因とは?

歯の表面のエナメル質は酸に弱く溶けやすい性質があります。
普段お口の中は唾液の働きによって中性に保たれていますが、酸性の飲食物を口にすると、エナメル質が酸にさらされて溶け出します。(脱灰)
溶かされたエナメル質は唾液の働きによって修復され元通りになり(再石灰化)、日中歯は脱灰と再石灰化を繰り返しています。

しかし、酸性の飲食物を頻繁に口にすることで再石灰化が間に合わず、エナメル質が溶けていってしまいます。
酸によって歯のエナメル質が溶けてしまっている状態を 「酸蝕症」といいます。
エナメル質が溶けてすり減っていってしまい、エナメル質の下にある象牙質が露わになると冷たいものがしみるようになります。

酸性の飲食物の例

  • 炭酸飲料・ワイン・お酢・スポーツ飲料
  • 果物
  • ビタミンCなど酸性の強いビタミンやサプリメント

健康にいいといわれる食材も、歯を溶かす原因になってしまうことがあるので注意が必要です。

また、胃酸はレモンと同様、またはそれ以上の強い酸性ですので、胃食道逆流症や胃、食道の病気、過食嘔吐などで胃酸が逆流する状況が続くことも酸蝕症になるリスクを高めます。

酸蝕症になるとどうなる?

酸蝕症になるとこれらの症状が現れます。

  • 歯がしみる
  • 歯の色が黄色くなる
  • 前歯の先端が欠ける
  • 歯のツヤが無くなる
  • 歯に穴が開く

また、着色や損耗によって歯の見た目や噛み合わせが悪くなったり、溶けてしまったエナメル質の部分からむし歯になりやすくなってしまいます。

酸蝕症にならないために

酸蝕症にならないための予防法を3つご紹介します。


①口の中に酸を残した状態を避ける

酸性の飲食物を一切食べない・飲まないことは難しいので、口にする回数を減らす、ダラダラ食べない・飲まないことを心がけましょう。
口の中に酸が残らないようにするためにも食べた後は水で口をゆすぐことも大切です。

②酸性の飲食物を多量摂取した直後には歯磨きをしない

果物、炭酸飲料などの酸性の飲食物を摂取した直後は酸によって歯のエナメル質が柔らかくなっているため、歯ブラシで磨くとエナメル質がすり減ってしまいます。
そのため、酸性の強い飲食物を口にした後は30分程度時間をおいてから歯磨きするようにしましょう。

③就寝前、スポーツの後には酸性の飲食物を控える

就寝前、スポーツの後は唾液の分泌が少なくなります。
唾液の分泌が減るとお口の中が中性に戻りにくくなってしまい、酸蝕症になりやすい状態が続いてしまいます。
スポーツドリンクやジュースではなく、お茶や水で水分補給するようにしましょう。

さくら会グループにご相談ください

炭酸飲料が好きな方、酸性の強い食べ物をよく食べる・飲む方は特に気を付けたいですね。
酸蝕症は年代に関わらず起きる症状であり、発症の多くは食習慣が原因ですのでなかなか対処が難しいです。
お口と歯の健康を守るためにも定期検診で歯の状態をこまめにチェックし、早期発見につなげましょう!
定期検診は3か月に一度が目安です!

ご予約から診療までの流れ

詳しく見る

クリニック紹介

歯の症状が気になる

見た目・臭いが気になる

歯並びが気になる

お子さまの歯が気になる

その他