MENU

歯の詰め物が取れた・外れた

歯の詰め物が取れた・外れたことを
放置していませんか?

銀歯やセラミックでできた歯の詰め物が、食事中にはずれてしまうことがあります。
そんな歯を、特に痛みがないからと放置したり、自分で詰め物をもとに戻そうと自力で詰め直したりしていませんか?
放置したり正しい処置をせずに済ませてはいけません。歯科医院で適切に処置することが大切です。

目次

歯の詰め物が取れた・外れたまま放置する事の危険性 歯の詰め物が取れた・外れた場合のよくある原因 参方善さくら会グループにご相談ください

歯の詰め物が取れた・外れたまま
放置する事の危険性

銀歯やセラミック、レジンなどの素材でできた歯の詰め物は、むし歯を削った穴を塞ぐためのものです。
詰め物がはずれてしまった歯はその穴がむき出しの状態です。
歯に穴が空いたままとなっているわけですから、食べ物が詰まりやすく、歯磨きの際にきれいにすることも難しくなるでしょう。
また、歯の内側は象牙質とよばれ、柔らかくむし歯になりやすい状態です。
象牙質は食べ物の熱や冷たさや歯磨き中の振動を神経まで伝えやすい性質があるため、歯の痛みを感じやすくなっています。

歯の詰め物が取れてしまった理由が、口内環境のトラブルが原因の可能性もあります。
その際はやはり歯科医師による治療が必要になってきます。

歯の詰め物が取れた・外れた場合のよくある原因

1.むし歯が再発していた場合

詰め物と歯の境目や詰め物の下でむし歯が再発していたため、接着力が弱くなっていた可能性があります。

2.かみ合わせが悪かったり歯ぎしりをしていた場合

何らかの理由でかみ合わせが悪くなったり、歯ぎしりをする癖があった場合、歯の詰め物に強い圧力がかかっていた可能性があります。

3.詰め物や接着素材が経年劣化していた場合

詰め物と歯を接着していた接着剤が経年劣化で弱くなっていた場合や、詰め物そのものが腐食していたため取れてしまった可能性があります。

参方善さくら会グループにご相談ください

参方善さくら会グループでは入れ歯の作製を承っております。
合わない入れ歯の修理はもちろん、新しく作る方もぜひご相談ください。

ご予約から診療までの流れ

詳しく見る

クリニック紹介

歯の症状が気になる

見た目・臭いが気になる