MENU

歯が折れた・欠けた

歯が折れた事を放置していませんか?

  • 食事中に歯が欠けた・折れた
  • ケガをして欠けた・折れた
  • 歯を破損したが痛みが無い
  • 気がついたら歯が欠けていた

こんな時は出来るだけ早く診察を受けましょう

食事中、硬い食べ物を噛んだ際に歯が折れたり、欠けてしまう事があります。
しかし、おせんべいやナッツなどの一般的な食べ物の硬さでは、噛んだだけで健康な歯が折れることはありません。
折れたりかけてしまった歯には何らかのトラブルが起こっていた可能性が高いといえます。

スポーツ中のアクシデントや転んだときに折れてしまった・欠けてしまった場合も、「痛みがないから」と放置するのは危険です。
必ず歯科医院を受診するようにしてください。

目次

折れた・欠けた歯を放置することの危険性 歯を破損したらどうしたら良いの? 歯が小さく欠けてしまった際の治療方法 歯が折れてしまったが根が残せる場合の治療方法 歯が折れた際、神経や根の損傷が激しく抜歯しなくてはいけない場合の治療方法 歯が折れたり欠けたりするのは緊急事態です 参方善さくら会グループにご相談ください

折れた・欠けた歯を
放置することの危険性

歯の表面は硬いエナメル質に覆われていますが、歯がかけてしまったことでエナメル質がはがれ、その中の象牙質が露出してしまっている可能性があります。
象牙質はエナメル質よりやわらかく、食べ物などに含まれる酸や虫歯菌の影響を受けて虫歯になる可能性が高くなります。
また象牙質は振動や熱などを神経まで伝達しやすい性質があるため、食事中や歯磨きのブラッシングで痛みを感じることが多くなります。

歯の損傷が激しく神経が露出している場合、強い痛みが発生することがあります。強い痛みがある場合、神経が細菌に感染して炎症をおこしている可能性が高いです。

歯を破損したらどうしたら良いの?

歯が損傷した場合、気になっても指で触ったり、舌でなめたりしないようにしましょう。
また、消毒液で消毒をしたり、自己判断で何かを詰めるのは止めましょう。損傷した個所から雑菌が入って、歯の神経が感染してしまう可能性があります。

できるだけ早く歯医者で診察を受けましょう。

歯が小さく欠けてしまった際の治療方法

歯が小さくかけた程度で神経部分や根のダメージが少ない場合ですと、コンポジットレジンやセラミックを接着し、欠けた部分を補うことができます。
歯の大部分を残すことができますし、見た目も高いレベルの回復が見込めます。

セラミック治療について詳しくはこちら

歯が折れてしまったが
根が残せる場合の治療方法

差し歯(クラウン)

差し歯(クラウン)は、ご自身の歯の根っこが残っている場合の治療方法です。
簡単に治療の流れを説明すると、残った歯を削り、土台をはめ込み、その上に人工の歯を被せるという形になります。

差し歯での治療をするためには、ご自身の歯の根っこが残っている必要があるため、完全に歯が抜けてしまっている場合は差し歯での治療はできません。
また、歯の根っこが弱っていたり、金属の素材を使用したりすると、根が折れたりヒビが入ったりしてしまう危険性もあります。
特に前歯などの目に見える範囲の歯は、金属の素材を嫌って自然の歯の色に近い素材を使う患者様も多いです。

セラミック治療について詳しくはこちら

歯が折れた際、神経や根の損傷が激しく
抜歯しなくてはいけない場合の治療方法

ブリッジ

「ブリッジ」という治療は、あまり聞いたことがない方も多いかもしれません。
これは、なくなった歯の両側の歯を削って土台とし、そこに一体型の人工の歯を被せる治療方法です。
しっかりと固定されるため、入れ歯のように不安定になることが少ない治療法です。

しかし、もともと健康な歯を削る必要があり、ブリッジを装着することで負担を強いてしまうため、健康な歯の寿命を短くしてしまう可能性があります。
さらに、ブリッジと歯肉の間に食べ物のカスがつまり、虫歯や歯周病の原因となる場合もあります。

義歯(入れ歯)

入れ歯には、すべての歯を失った時に使用する「総入れ歯」、支えになる歯が残っている時に使用する「部分入れ歯」の二種類があります。
保険が適用されるため治療費用が安く済むことがメリットですが、入れ歯にはデメリットもあります。

まず、自分の歯と比較すると、噛む力が20~30%ほどになるため、硬い食べ物が食べにくくなってしまいます。
また、部分入れ歯の場合、入れ歯を支えるために「クラスプ」と呼ばれる留め具を自身の歯に引っ掛けるのですが、これがかなりの負担になってしまいます。
自身の健康な歯を傷つけたり痛めたりしてしまう可能性があるのです。

総入れ歯の場合、上顎は口の粘膜に密着し、下顎は歯茎の上に装着するため、食べ物の味や温度を感じなくなってしまうことがあります。

義歯(入れ歯)について詳しくはこちら

インプラント

インプラントは、歯を支えている骨に穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込んで、人工の歯を装着させるものです。

顎の骨にしっかり固定するため、自分の歯のように噛むことができます。
硬いものも噛むことができますし、周りの歯を痛めたり負担を欠けたりすることもありません。

デメリットとしては、顎の骨にインプラントを入れるために手術が必要であること、また保険が適用されないために費用が高額になってしまうことです。
その後の定期的なケアも必要になります。

インプラントについて詳しくはこちら

歯が折れたり欠けたりするのは
緊急事態です

歯が欠けたり折れたりした際に、また自分の歯が新しく再生して生えてくるということはありません。折れた箇所から歯が悪くならないようになるべく早く処置をしてもらいましょう。また、来院が早ければ運よく治療で再着できるかもしれません。

もし来院が遅れてしまっても、今更行っても変わらないと思わずに時間が取れた時に検査してもらいましょう。歯は失うと二度と戻りませんので大切にしてくださいね。

もし突然の事故などで歯が折れてしまった場合、歯の破片を捨てずに保管して来院時に持参してください。
歯の破片は、乾燥させないよう牛乳につけて保管してください。
大きく折れてしまった歯をもとに戻せるかどうかのポイントは、抜けてからの時間が短いかどうかと、歯の周囲についている歯根膜という膜をどれだけ残っているかどうかになります。
水道水で洗ったり浸けてしまうと浸透圧の差で歯根膜が破壊されてしまいます。
牛乳は体液の浸透圧に近いため、歯根膜を守りながら乾燥から守ることができます。

参方善さくら会グループにご相談ください

歯が欠けた部分が尖っていると、口の中を傷つけてしまうこともあります。
痛みがなかったとしても決して放置せず、さくら会グループの歯科医院で必要な治療を受けてください。

ご予約から診療までの流れ

詳しく見る

クリニック紹介

歯の症状が気になる

見た目・臭いが気になる