MENU

歯茎から血が出る

歯茎からの出血、放置していませんか?

歯磨き中に歯茎から血が出ていませんか?
歯茎が腫れていて出血しやすい人は、歯肉炎・歯周病の可能性があります。
歯茎の状態が今良くない方も、歯肉炎であれば適切なケアで改善が見込めます。
また、歯周病になってしまっても進行を少しでも遅らせることが可能です。

しかし、ここで放置してしまうと歯茎がブヨブヨに赤くなり、やがて歯が抜け落ちてしまいます。
大切な歯を支える歯茎を良く知り、適切にケアをしましょう。

目次

歯周病になる原因は細菌と汚れ! 歯茎の出血が治るかどうかは菌の種類次第!? 歯周病と全身疾患との関係性 歯周病の予防・改善は病院と家庭でのケアが大切! こんな症状があれば参方善さくら会にご相談ください!

歯周病になる原因は細菌と汚れ!

歯周病の原因は主には口内の汚れと、口の中に住む菌です。この2つの条件が揃うと口の中にネバネバとした歯垢が溜まります。
歯垢はできても歯磨きで落とすことができますが、自分だけのケアだとどうしても磨き残しができてしまいます。
磨き癖があるために一生懸命歯磨きをしていても、歯茎の腫れや出血を起こしてしまうのです。

歯茎からの出血の原因のほとんどが、歯茎の周りにつく細菌が原因で起こります。
そもそもお口の中にはたくさんの種類の細菌が存在するのですが、その中には歯茎の炎症を引き起こす細菌がいます。
細菌は一定時間が経つと、無数の細菌が集合して、歯垢という特殊なバリアを作ってしまいます。
歯の表面についている白いネバネバしたものを見たことがありますか?
あれが歯垢、つまり細菌の塊なのです。

歯茎の出血が治るかどうかは菌の種類次第!?

お口の中の細菌は人から人にうつります。
幼少期に、特に接触時間の長い親から口の中の細菌は感染します。 お口の中に悪影響を及ぼす菌の中でも、ある強力な菌がいると一生懸命磨いてもなかなか出血が治らないことがあります。
顕微鏡で検査をして、写真のような菌が見つかったら要注意です!
スピロヘータと呼ばれる菌で、退治せず放置しておくとどんどん症状がひどくなってしまいます。

口内を顕微鏡で見た様子。らせん状の細菌が歯周病菌

歯周病と全身疾患との関係性

歯茎からの出血は、歯肉炎・歯周病の特徴です。歯周病が酷くなると歯が抜けてしまうことはCM等でも皆様良くご存知かと思います。
それだけでも恐ろしいことなのですが、歯周病が重度になるにつれて全身疾患にもかかりやすく、重症化しやすくなります。これは歯周病菌や歯周病で発生した炎症物質が血液に乗って全身に運ばれることが原因です。

アルツハイマーなどの認知症も歯茎に炎症があると悪化すると言われており、 歯科医院の定期検診に行かない人は行く人に比べて1.44倍かかりやすいと言われています。

妊娠を控えた女性は特に注意

妊娠すると歯肉炎にかかりやすくなると言われています。
ホルモンバランスが変わったり、つわりが酷くて歯を磨きにくくなったりと口内環境が乱れやすくなることが原因です。
また、歯周病があると早産の可能性が約2.3倍、低体重児出産のリスクが約4倍にのもなると言われています。
元気な赤ちゃんを迎えるためにも、妊娠前から口腔内の環境を良くしておきましょう。

出典:NPO法人日本臨床歯周病学会

歯周病で血糖値が下がりづらくなる

重度の歯周病や歯周病菌から発生した炎症物質には、糖の代謝を妨げ、インスリンの働きを妨害する特徴があります。
あがった血糖値がなかなか下がりづらくなるため、糖尿病になったり、糖尿病が悪化する原因になります。

歯周病が心筋梗塞や狭心症、
脳卒中などの原因になることも

歯周病菌の炎症物質は歯茎から血液に乗って全身をめぐります。
その際に血管の内側、とくに動脈硬化がはじまっているような弱った箇所に付着してしまうと、血管を狭める作用を促進すると考えられています。
歯周病により血管そのものがダメージをうけてしまい、動脈硬化が進んでしまうことで心筋に血液を送る血管が狭くなったら狭心症に、詰まってしまったら心筋梗塞となってしまいます。
脳につながる血管で炎症が起こってしまった場合は脳卒中の原因になります。

歯周病の予防・改善は病院と家庭でのケアが大切!

歯茎からの出血は適切なケアで改善する可能性があります。
毎日の歯磨きを気を付けていても磨き残しができてしまいます。
それを減らす為には、歯医者での定期的なお掃除と、正しい家庭での歯磨きが効果的です。
物理的に歯周病菌の数を減らすことが歯周病改善に繋がります。
1日、2日のケアだけでは治りませんが続けていくと目に見えて変化がわかります。
歯を守るためにも根気よく続けましょう。

プロの力で口内をキレイに

歯科衛生士(または歯科医師)が虫歯・歯周病の検査をした後に、歯垢や歯石を機械で取り除きます。
その後に磨き残しが多いところがあれば指導させていただきます。
病院のケアでは普段自分では磨きにくい所までケアをさせていただきます。
施術が終わった後はお口の中がスッキリしますよ。
長く歯医者に行っていないという方は是非ご予約お待ちしております。

クリーニング(定期検診)の内容

  1. 虫歯と歯周病の検査
  2. 必要であればレントゲン撮影
  3. 歯石を専用の器具で取り除きます
  4. 歯の表面をツルツルに磨きます
  5. 必要に応じて歯磨き指導をします

歯磨き指導で毎日のケアの効果アップ

皆様の歯並びや、聞き手、磨き方のクセは一人ひとり違います。
歯磨き指導では、どんなケア用品があなたに合っているのかアドバイスさせていただきます。
歯ブラシひとつとっても、歯茎が弱った方のに合ったもの、歯並びが悪い方にオススメな物など様々です。
また、磨くときの力の強さ、歯ブラシを当てる角度なども汚れを落ち方に関わってきます。
様々な磨きクセを直すことで毎日の歯磨きの効果が変わります。
歯磨きに自信がないという方も是非ご相談ください。

こんな症状があれば参方善さくら会にご相談ください!

  1. 歯茎がピンクではなく、赤っぽい
  2. 歯と歯の間の歯茎の先端が丸みを帯びている
  3. 歯と歯茎の境目を磨くと血が出る
  4. 歯間ブラシ・フロスを使用すると血が出る
  5. 歯が伸びた気がする
  6. 朝起きた時に口内がネバネする
  7. 口臭が気になる
  8. 疲れた時に歯茎に違和感がある

歯茎からの出血は「そのうち治るから」と放置してよいものではありません。
歯肉炎・歯周病は気が付かない内に進行してしまいます。
また歯周病の原因となる歯垢や歯石は数日で溜まってしまいますので定期的なクリーニングが効果的です。

ご予約から診療までの流れ

詳しく見る

クリニック紹介

歯の症状が気になる

見た目・臭いが気になる