MENU

歯が痛い

歯の痛みを我慢していませんか?

歯が痛いのは辛いですよね。
痛みによっては寝られなくなることもあるかもしれません。
でも歯医者に行くのは億劫で、怖いし行きにくいですよね。
歯が痛いということは、体があなたへ警告をしているということです。必ず歯科医院に行って、診察を受けましょう。
歯は自分で治る機能が備わっていない器官です。放置することにより病気が進行して重篤になり、入院が必要になってしまうことさえあります。

もし虫歯によって歯が痛いのであれば、歯を大きく治療しなければなりません。

目次

歯の痛みのよくある4つの原因 歯の痛みを放置すると抜歯になってしまうかも! 参方善さくら会では痛みの少ない治療を心がけています

歯の痛みのよくある4つの原因

その1.
虫歯になって歯が痛い

虫歯が大きくなると、神経が刺激されて痛みが出ます。虫歯は、食事をした後や、おやつに甘いものを食べた後の歯磨きの仕方が悪いと大きくなっていきます。

処置としては、歯の神経を取り、しみないようにセメントで埋めたのち、被せ物で蓋をする治療となります。

その2.
一度神経を取った歯が膿んでしまって痛い

神経を取った歯に細菌が入り込み、根っこの先に膿がたまってしまうと、その圧力で根っこの周囲が圧迫されて強い痛みが出ます。

処置としては、神経のところにつめた薬を外してそこに薬をつめなおす治療になります。
膿がなくなるまで処置を続けるので、治療回数は多くなる傾向があります。

その3.
知覚過敏で歯が痛い

虫歯ではありませんが、歯の付け根が冷たいものによってしみる状態です。
処置としては、知覚過敏用の薬を塗ります。噛み合わせや生活習慣に問題がある場合が多いので、そちらの指導も一緒にいたします。

その4.
噛み合わせで歯が痛い

歯ぎしりや食いしばりで痛みが出ます。
処置は、噛み合わせの調整で噛む部分を削るほか、ガムを噛まないようにする・硬いものを噛まないようにするなどの日頃の生活習慣の指導になります。

歯の痛みを放置すると
抜歯になってしまうかも!

歯の痛みが虫歯が原因だった場合、歯を残せる最終段階にきている可能性があります。
神経まで虫歯が到達すると強い痛みが発生しますが、しばらくこの痛みを我慢すると痛みが消える時がきます。
「虫歯が治った」と考えてしまう人がいますが、これは歯の神経が完全に死んでしまったことによって起こる現象です。

そして、痛みが無くなったからと放置すると、更に虫歯が進んで抜歯することになります。
歯を1本失うと寿命が短くなると言う歯科医師もいます。それほど歯は大切なものです。
1本でも多くご自身の歯を残していただけるよう、早めのご来院をお待ちしております。

参方善さくら会では
痛みの少ない治療を心がけています

参方善さくら会は、患者様の立場に立ち、なるべく痛みのない治療を提供できるよう、日々技術を研鑽しています。
「歯医者の治療は痛くて苦手……。」という方は、まず担当の歯科医師に「痛い治療が苦手である」と相談してください。
その場合、担当の歯科医師が配慮をし、無痛に近い麻酔器具を使用させていただきます。

痛みに配慮した治療

原因を放置しておいても、痛みが自然と治ることはありません。
ご相談や検診だけでも構いませんので、ぜひ参方善さくら会グループの歯科医院にお越しください。

ご予約から診療までの流れ

詳しく見る

クリニック紹介

歯の症状が気になる

見た目・臭いが気になる